フルクラム FULCRUM レーシングホイールラインナップと内外価格差【10万円以上】

フルクラムFULCRUM レーシングホイールラインナップの値段帯が高いホイールをチェックしてみます。

数字が小さいほど高性能ホイールのフルクラム。

その価格が10万円以上になると、レーシングZEROがほとんどとなります。

トップラインナップのフルクラムホイールを見ていきましょう。

Fulcrum – Racing Zero アロイクリンチャーホイールセット

Fulcrum - Racing Zero ホイールセット

Fulcrum – Racing Zero ホイールセット:スペック

前後差のあるリムの高さとなっています。フロントは 25mm、リアは30mmというリムハイト。

またリムはトリプルミリング加工により軽量化。さらにエアロダイナミックプロファイルも実現しています。

Racing Zero ホイールにはUSB セラミックベアリングが採用されています。USB セラミックベアリングはRacing 3・5・7 に搭載されているスチールベアリングに比べて軽く、抵抗性が高く、50%滑らかさが向上しています。

  • リム: クリンチャー
  • トリプルミリング加工済みアルミニウム
  • 深さ 23mm, 幅 25mm
  • スポーク:フロント 16, リア 21
  • ニップル: アルミニウム
  • ハブ: カーボンファイバー, アルミニウムフランジ
  • 重量: フロント 607g, リア 830g
  • ブレーキパッド: スタンダード

Fulcrum – Racing Zero Nite アロイクリンチャーホイールセット

Fulcrum - Racing Zero Nite アロイクリンチャーホイールセット

Fulcrum – Racing Zero Nite アロイクリンチャーホイールセット

Racing Zero Nite は、Fulcrum に新しく加わったクリンチャーホイールセットです。

セラミックベアリングやカーボンハブ、前後で異なるリムの高さなど、レーシングZEROの基本はきちんと押させてあります。

さらに耐久性の高い最新プラズマ処理済みブ レーキ面を特長としています。

このプラズマ処理とはホイールセットをブラックにします。

プラズマ処理により、表面の硬度と耐磨耗性を高め、ウェットコンディションで素晴らしい制動性能を発揮します。

ホイール重量は1420gとかなり軽量となっています。

  • シマノ 10/11s
  • 重量 フロント:607g リア:813g(カンパ用)
  • リム:クリンチャー、アルミ製トリプル切削 プラズマ酸化電解処理
  • ハブ:カーボンボディ、アルミフランジ、USBベアリング
  • プラズマ電解酸化処理FWボディ(HGのみ)

Fulcrum – Red Wind 50 クリンチャーホイールセット

Fulcrum - Red Wind 50 クリンチャーホイールセット

Fulcrum – Red Wind 50 クリンチャーホイールセット:特徴

空気抵抗を受けにくいカーボンファイバーの 50mm プロファイルリム、アルミニウム製ブレーキ面からなるホイールです。 あらゆる天候で使用できるので、専用パッドは必要ありません。

  • ホイールセットの重量: 1755g
  • リムの幅: 20.5mm
  • リムの深さ: 50mm
  • 標準ベアリング
  • 回転防止システム
  • アルミニウム・カーボンファイバーコンポジット構造
  • アルミニウム製のブレーキ表面
  • 重量: フロント785g・リア970g
  • 18本のラジアルエアロスポーク

Fulcrum – Racing Quattro カーボンクリンチャーホイールセット

Fulcrum - Racing Quattro カーボンクリンチャーホイールセット

Fulcrum – Racing Quattro カーボンクリンチャーホイールセット:特徴

Racing Quattroは、フルカーボンファイバー 40mm ディープリムを採用したクリンチャーホイールです。

40mm リムプロファイルが採用され、平坦な道や起伏のある道、山道など、さまざまな地形に対応します。

  • ホイールセット重量: 1555g
  • リムの素材: UD フルカーボンファイバー
  • リムの幅: 24.2mm
  • リムの深さ: 40mm
  • リムの種類: クリンチャー
  • スポーク数: フロント 18, リア 21
  • ハブ: アルミニウムアロイ, 調整可能なベアリングシステム

Fulcrum – Red Wind 80 XLR (CULT) クリンチャーホイールセット

Fulcrum - Red Wind 80 XLR (CULT) クリンチャーホイールセット

Fulcrum – Red Wind 80 XLR (CULT) クリンチャーホイールセット:特徴

リムハイトが80㎜とド迫力のフルクラムRed Windホイールです。

エアロダイナミックなカーボンファイバープロファイルリム (80mm) が採用されていますが、ブレーキ面がアルミニウムなので特定のパッドは不要。気軽に使えるホイールでもあります。

  • ホイールセットの重量: 1790g
  • リムの幅: 20.5mm
  • 高さ: 80mm
  • ストレートプルスポークの 3D ハブ・スポーク穴により、高い剛性と長続きするスポークテンションを提供。
  • ベアリングに CULT テクノロジーを採用
  • 回転防止システム
  • 自動ロック式アルミ二ウムニップル
  • アルミニウム・カーボンファイバーコンポジット構造
  • アルミニウム製ブレーキ面

Fulcrum – Racing Zero カーボンクリンチャーホイールセット

Fulcrum - Racing Zero カーボンクリンチャーホイールセット

Fulcrum – Racing Zero カーボンクリンチャーホイールセット:特徴

フルクラムホイールの最高峰に位置づけされるレーシングZEROカーボン。

Fulcrum カーボンクリンチャーホイールは、セットで重量約1358gと超軽量。

カーボンリムはリムハイト30mm。

エアロアルミニウムスポーク、カーボンおよびアロイハブとスタンダードな構成ながら、軽量と剛性を両立されています。

  • クリンチャー、一方向カーボンファイバーのリム 30mm
  • ホイールセットの重量: 1358g
  • フロントホイールの特徴:16本のストレートプルエアロアルミニウムスポーク
  • カーボンファイバー、アルミニウムフランジハブ
  • リアホイールの特徴:ストレートプルエアロアルミニウムスポーク(左は7本、右は14本)
  • カーボンファイバー、特大アルミニウムフランジハブ

フルクラムのハイレンジホイールラインナップ。

5万円のホイールで行くか、それともがんばって10万以上出すか。

かなり目移りしてしまいます。しかし、その価格さに対する性能はかなり違うこと間違いなし。

このクラスのホイールになれば、レースにヒルクライムに、ロングライドにかなりのアドバンテージです。

お財布と相談のしどころですね!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. キャットアイ(CAT EYE) ISC-12はBluetooth SMARTを搭載したサイコンC…
  2. TIOGA(タイオガ) ロード ポッドは格安の輪行袋。タイプはリアエンドとサドルが下に来る縦…
  3. シマノSPD-SLシューズとペダルをそろえた場合、ぜひ手にしてもらいたいサブアイテムがある。もち…
  4. 照度:約200ルーメン(約3000カンデラ)を2時間きっちりと照らしてくれる、なかなかの明るさ。…
  5. Continental(コンチネンタル) UltraSport2 ウルトラスポーツ2はコンチ…
PAGE TOP