シマノアルテグラFC6800クランクとシマノ105 FC5800クランクの違いをチェック

先日、オレのバイクのコンポーネントを入れ替えした。

いままでアルテグラ6700系だったものを6800系の11速に入れ替えた。

これにより、うちのバイクたちは10速がなくなりすべて11速となった。

嫁さんのバイクはシマノ105の5800系、オレのバイクはアルテグラ6800系となっている。

2つのコンポがあるので、バイクの顔ともいえるクランクの違いをチェックしてみよう。

シマノ105 FC-5800 34X50T

FC5800

旧105(5600系)の5アームからアルテグラなどに採用をされている4アームへと刷新された新型105です。剛性を保ちつつ軽量化を果たしています。

FC-5800からはPCD110mmに統一されています。

シマノ アルテグラ FC-6800 34X50T

FC6800

普通のロードバイク乗りが使うには十分すぎる性能と剛性をもっている6800系アルテグラ。

9000DURA-ACEから登場した4アームクランクを継承しています。

ノーマル、コンパクトという概念がなくなりPCDは統一。アウターは53T、52T、50T、46T、インナーは39T、36T、34Tから選べる自由度があります。

BBは105もアルテグラも共通

SM-BBR60

5800系のグループセットでは105のBB(ボトムベアリング)はリリースされませんでした。そのためセット購入をするとアルテグラ6800系とのBBであるSM-BBR60が同梱されています。

着脱に必要なアダプター(TL-FC25)は標準同梱です。

クランクをチェック!

それでは2つのクランクを見てみましょう。

FC-5800を開封

FC-5800

ブルーのパッケージから取り出したFC5800クランクセット。

クランク裏側を見るとアウターチェーンリングの肉抜き具合に驚きます。

FC-6800を開封

FC6800を開封します。かなりの重厚感です。

FC5800に比べると、かなりあっさりとした印象のアウターチェンリング裏です。

クランクの重量チェック!

それぞれのクランク重量をチェックしてみます。

FC-5800重量チェック

チェーンリング側クランクの重量をチェックすると542gでした。

左クランクは198gです。

FC-6800重量チェック

チェーンリング側クランクの重量をチェックすると490gでした。

当然、105より剛性が高いはず。しかし、60g以上軽いのです。

左クランクは105のクランクと同じ重量だった。


アルテグラは、オレには十分すぎるコンポーネントだ。

しかし、それよりも廉価なシマノ105のクランクも予想以上に良いクランクと思う。

普通のサイクリングからロングライド、ホビーレースであれば、全く問題ないのではないだろうか。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. VIVA (ビバ) バックサポーターはサドルバッグなどをサポートするキャリアとなっています。…
  2. 自転車、ロードバイクに限らず公道を走るすべての車両のブレーキは最高の状態にあるべき。自分の身…
  3. シマノPD-A600は同社のSPDペダルの中で最軽量となっている。それもそのはず、このペダルはU…
  4. キャットアイ セーフティライト は数少ないリフレクター付のフラッシュライトです。本体の大き…
  5. ところでうちにあるロードバイクはすべて11速対応になった。そう、10速仕様がすべてなくなった。…
PAGE TOP