ロードバイクでキャンプ!バイクパッキングで荷物を積もう!

ロードバイクでキャンプを行う方が増えてきています。ロードバイクでのツーリングが楽しくなってくると、キャンプをしながらのロードバイク旅をする人も多いです。

慣れてくるとテントなどを持っていき、外泊する人もいます。

ロードバイクは車と違って、荷物を積んで走行するのが大変なので、軽くしたり、バッグを活用したりするなど一工夫が必要です。

このところロードバイクでパッキングするに適するバッグ類もたくさん出ていますので、それらもチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

ロードバイクはキャンプに不向き

ロードバイクはもともと、レース向けに作られた自転車なので、耐荷重はそれほど重視されていません。

ロードバイクは人間のみが乗る想定でテストして作られています。

よって、重いキャンプ道具、寝具、衣類などの荷物を載せて、長く乗ることを想定外なのです。

キャンプは荷物が多い

キャンプは荷物が多く、必需品だけでもかなりの量になります。

外泊するのであれば、テントやテントのポール、ペグ、グランドシート、エアマット、寝袋、ランタンが必要になります。

キャンプは外で食事をするでしょうから、煮炊き用の火器、食器、ナイフなども必要になります。

テント・寝袋・マットは軽い物を

ロードバイク旅でのキャンプ用品はできるだけ軽いものがおすすめです。

外泊するのであれば、テントは必須になりますが、目安としては重量が3kg以下のものが良いです。

寝袋はコンパクトなダウンのものがおすすめです。

ダウン素材は中で羽毛が重なり空気の層をいくつも作っている状態なので、その空気の分グッとコンパクトにすることができます。

選ぶ際、重量の目安としては、300~850gぐらいのものを選ぶと良いです。

次にマットですが、マットは必要ないと思う人もいますが、石ころがある場所やコンクリートの上だと痛くて寝ることが困難になるのでそんな場所であればマットが必要です。

また、マットは地面からの冷えを和らげる効果もあります。

バイクパッキングのバッグを選ぶ

バイクパッキングは、自転車に専用のバッグをマウントしてキャンプ道具を積み、ツーリングすること、ロードバイクを改造することなくキャンプツーリングを楽しむスタイルを指します。

ロードバイクでキャンプをする場合、バックパックを背負うと、体に負担がかかるのと暑くなるので、自転車に取り付けるバイクパッキングのバッグを選ぶのが良いです。

バイクパッキングの種類はたくさんあり、種類ごとにロードバイクの様々な位置に取り付けでき、スタイルや用途に合わせて選べます。

サドルバッグ

サドルバッグはサドルの下に取り付けるバッグで工具やタイヤレバー、交換用のチューブなど、小物をコンパクトに収納できます。

収納する内容によって容量やサイズをチェックする必要があります。

サイクリングで携帯する荷物の量によって、サドルバッグの収納力を考慮しましょう。

比較的容量の大きなサドルバッグは重たいものはシートポスト付近、軽いものはバッグの先端に収納することで左右の揺れを軽減することができます。

ブラックバーン アウトポストエリート フレームバッグ シートパック

Blackburn(ブラックバーン) フレーム コーナーバッグ 自転車 サイクル OUTPOST[アウトポストエリート フレームバッグ シートパック]

出典:アマゾン

  • 容量:
  • 重量:572g
  • サイズ:H460㎜×W165㎜×L185㎜

Blackburnのシートバッグで、デザインがかっこいいのが大きな特徴です。

また、頑丈なので安心して使用できます。

取り付けが少し手間なので、手順をよく確認してから取り付け作業をすると良いですが、取り外しは楽です。

金額が約2万円ですが、高品質素材であることと、デザインはかっこいいのでクォリティが高い商品なので人気がります。

フロントバッグ

フロントバッグは目の前にあるので、信号で停まった時などで、ちょっとしたアイテムを取り出すことができます。

また、目の前にあるので、貴重品など収納するのに適しています。

フロントバッグは便利なので、ついついたくさんの荷物を詰め込んでしまいますが、フロントに荷物があることでフロントが重くなり、ハンドリングが悪くなります。

フロントバッグによっては容量が5L以上のものもあり、たくさんの荷物が収納できますが、ハンドリングに影響が出ないよう、サドルバッグなどと併用して重量の分散化をすると良いです。

オルトリーブ アルティメイト6 プラス/7L

オルトリーブ アルティメイト6 プラス/7L

出典:アマゾン

  • サイズ:(内寸)H21xW24xD13cm
  • 容量:7L
  • カラー:グラナイト/ブラック
  • 重量:600g

重量が600gと軽量ですが、7Lの容量を持つフロントバッグです。

防水かつ強度がある素材で作られているので安心して使用できます。

デザインはグラナイト/ブラックから選べます。

両脇には小さなポケットが付いているのでちょっとした小物を収納できます。

オルトリーブ(ORTLIEB)
¥12,375 (2021/10/22 05:42:12時点 Amazon調べ-詳細)

フレームバッグ

フレームバッグは、ロードバイクのフレームに取り付けるタイプのバッグです。

サドルバッグやフロントバッグなどは重心が高くなり、バランスを崩しやすくなりますがフレームバッグは車体中央のフレームに沿って取り付けるので、重心も低めで最も走行に影響が出ないバッグの1つです。

さらにバッグが手の届く場所にあるので、信号待ちや少し停車させた状態でも走行中に補給食などを取り出すこともできます。

ブラックバーン アウトポストエリート フレームバッグ スモール

Blackburn(ブラックバーン) フレーム コーナーバッグ 自転車 サイクル OUTPOST[アウトポストエリート フレームバッグ スモール]

出典:アマゾン

  • 容量:3.37ℓ
  • 重量:205g
  • サイズ:355㎜×254㎜×90㎜

Blackburnのフレーム コーナーバッグです。

重心が下がりバイクが安定するよう最適化された形になっているので、安定していた走行が可能です。

また、防水で軽量な素材で作られており、重量は205gです。

容量は3.37Lもあるので、食糧や水、電子ガジェットなどを様々なアイテムの収納が可能です。

トップチューブ

バッグトップチューブバッグはサドルとハンドルをつなぐフレーム(トップチューブ)に取り付けるバッグです。

容量は小さめなので、小物の収納に向いていますが、取り出しやすい位置にあるので、信号待ちなどちょっとしたときにでも簡単にアイテムを取り出すことができます。

トップチューブバッグはハンドルが重たくなるなどといったこともないので、走行パフォーマンスに影響が出ないので安心して使用できます。

ブラックバーン アウトポスト トップチューブバッグ

ブラックバーン アウトポスト トップチューブバッグ

出典:アマゾン

  • 8 x 23.5 x 12 cm
  • 2.2 リットル
  • 100g

Blackburnのトップチューブバッグです。

丈夫な素材でできているので、とても頼りがいのあるバッグです。

裏地が赤色になので、見やすくてる小さな部品がなくなることもないです。

容量は2.2Lあり、携帯電話、財布、鍵、軽食など十分に収納できます。

Blackburn Rovers F.C.
¥6,435 (2021/10/22 05:42:13時点 Amazon調べ-詳細)

ハンドルポシェット

ハンドルポシェットはハンドル部分に装着するポーチです。

手元にポケットがあるので、軽食やスマートフォンなどを収納するのに向いています。

ハンドルに取り付けるため、ハンドルが重くなる可能性があります。

アイテムの詰めすぎには注意が必要です。

ブラックバーン ハンドルバーバッグ アウトポストキャリーオール

Blackburn(ブラックバーン) ハンドルバーバッグ 自転車 サイクル OUTPOST [アウトポストキャリーオール]

出典:アマゾン

  • 27.94 x 17.78 x 5.08 cm
  • 80 g

Blackburnのハンドルポシェットです。

巾着の紐がついているので、砂利道やオフロードでも中身が飛び出すことを防げます。

ドリンクボトル、ツールボトル、食料など様々なアイテムが収納でき、手元に設置できるので取り出しやすいです。

フレームバッグを取り付けてフレームにドリンクボトルがつかない場合、このハンドルポシェットに収納するとよいでしょう。

まとめ

ロードバイクでのキャンプは荷物を軽くしたり、走行に影響しないバイクパッキングのバッグを選んだりするなどして、負担を軽くして安全なロードバイク旅をすることが大切です。

キャンプをする際には事前に準備をし、無理のないロードバイク旅を楽しむことで、さらにロードバイク旅が好きになっていくはずです。

スポンサーリンク
おすすめの記事