ロードバイク用レインウェアの選び方・おすすめ5選

ロードバイク用のレインウェアについてチェックをしてみましょう。ロードバイクは基本的に雨の中で乗るものではありません。

ママチャリのように泥除けもなければ、チェーンガードもありません。ロードバイクで雨の中を走ると足元シューズはびしょ濡れ、リアタイヤから巻き上げた路面の泥水で背中も盛大に雨水の跡がついてしまいます。

しかし、ロードバイクでツーリングやロングライドなどに出かけると、出先で雨に降られることは多々あります。そんな時はレインウェアが大活躍。

また季節の変わり目や秋冬などは重ね着としてレインウェアも防寒着になります。ロードバイクで遠くへ出かけたいあなた、1着はぜひレインウェアを持っていると安心です。

ロードバイク用レインウェアを見ていきましょう。

スポンサーリンク

高機能ウエアがおすすめ

雨の中、ロードバイクで走行する際に、レインウェアは重要なアイテムです。

レインウェアには防水機能以外に様々機能が付いているものがあります。

高機能なレインウェアは雨の日でも快適に走れる工夫がされており、体が蒸れにくいようになっていたり、風の影響も極力抑えられている設計になっていたりするものがあります。

高機能なレインウェアは高価になりますが、ロードバイクでの走行以外に、野外ライブや登山などでも利用ができ、様々な場面で重宝します。ここからはレインウェアの機能について説明します。

ゴアテックスなどの素材

防水性で選ぶときに重要なのは、素材にゴアテックスが使われているかどうかです。

ゴアテックスは、アウトドア用品やレインウェアなどでよく使われており、防水性と透湿性、防風性、軽さを兼ね備えています。

ゴアテックスが使用されているレインウェアには"GORE-TEX"と書かれた四角形の黒いタグが付いています。

ゴアテックスを採用しているレインウェア価格が高くなりますが、レインウェアとしては最強と言えます。

水を通さない

大雨の中をロードバイクで走行すると、レインウェアを着ていても雨がしみ込んでしまうこともあります。

防水の生地でも水の圧力が強いと耐えきれずに侵入してしまいます。

また、生地が防水でも縫い目から侵入することもあります。

蒸れにくい

レインウェアにおいて、防水に優れ外部からの雨を防げることは重要ですが、体から出る汗を外に逃がすことも大切です。

雨の日や気温が低い日でもロードバイクは運動量が多いので走っているときに汗をかきます。

自分のかいた汗で体を濡らしてしまうと不快になるだけではなく、冬なら体が濡れることによって体を冷やしてしまうので体に負担がかかります。

快適にロードバイクを楽しむために、雨を防ぎ、蒸れにくいレインウェアを選ぶことも大切です。

体を動かしやすい

レインウェアは体の動かしやすさも大事です。

ポンチョタイプは全身をカバーできるので、濡れずにすみますが、動きにくいこともあるので、長距離走行するときなど乗り方に合わせて使い分けます。

ロードバイクで最も動かす部分が膝で、伸縮性が高い素材や立体裁断が施されたものがポイントです。

柔らかい素材が使われているものや、軽いレインウェアを選ぶと快適に走行できますので、レインウェアの商品説明をよく確認しておきましょう。

市販のレインコートは自転車不向き

雨の中をロードバイクで走行する際、市販のレインコートでいいと思う人もいるかもしれませんが、市販のレインコートは前方が見えにくかったり、動きずら買ったりするので、事故が起こりやすくなります。

また、市販のレインコートだと裾がチェーンに巻き込まれてしまうこともあるので非常に危険です。

安全のためにもロードバイク用のレインウェアを使用しましょう。

安全性以外にも市販のレインコートだと、体から発する熱や蒸れ対策がされておらず、走行してしばらくするとすぐに体が熱くなったり、汗で蒸れたりします。

レインウェアの選び方

高機能なレインウェアは買うときに確認すべき点がたくさんあります。

どのような状況でロードバイクを乗るのかによって選ぶレインウェアが変わってきます。

レインウェアのレインウェア選びに失敗しないために、レインウェアの選び方について説明します。

耐水圧とは

「耐水圧」は、生地の防水性を数値化したもので、どれくらいの水圧に対して耐えられる防水性を持っているかを表します。

数値が大きければ大きいほど強い水圧に耐えることができ、大雨では約10,000mm、嵐では約20,000mmを目安とすると良いです。

透湿度

「透湿度」は、レインウェアの生地が24時間で何gの水分を透過したかを示した数値です。

この透湿度が大きければ大きいほど通気性が良く蒸れにくいです。

目安として、蒸れを防ぎたい場合は最低でも5,000g以上のものが良く、できれば8,000g以上のものを推奨します。

フード付きが便利

ロードバイクのレインウェアは、フード付きのものもあり、ヘルメットをかぶったままフードをかぶれるウエアがおすすめです。

中にはヘルメットがあるからフードは不要という人もいますが、必要な時に被ることを想定して、フード付きのレインウェアを選んでおくとよいです。

重さも大事

ロードバイクで走行しているときに急な雨に遭遇することもあります。

そんな時に備えて軽くて携帯しやすいレインウェアが良いです。

重量にばかり注意してしまうと耐久性が低いレインウェアを選んでしまうこともあるので、できるだけ薄くて丈夫で軽いものを選ぶようにすることが大切です。

立体裁断のサイクル専用がよい

レインウェアはアウトドア、登山、ガーデニングなど様々なシーンで利用できるものもありますが、やはりロードバイク用のレインウェアが良いです。

ロードバイク用のレインウェアは一般のものより体にフィットするので空気抵抗が少ないです。

また、乗車姿勢に合わせた立体裁断のレインウェアは動きやすいので、雨の日でもパフォーマンスを発揮できます。

目立つ色

目立つ色のレインウェアを着ることで、視認性が上がり他の車との事故を防げます。

雨の日は視界が悪いので、遠くからでも見つけられるように、蛍光色などなるべく目立つ色のレインウェアを着て安全を確保することが大事です。

おすすめレインウェア5選

レインウェアはゴアテックスを採用した防水性に優れているものもありますが、中には1万円以内で高い防水性、透湿性を実現しているものもあります。

ロードバイク用レインウェアは高機能でおすすめの商品がたくさんありますが、必要最低限の機能を備えている商品や、最高の防水性を備えている商品までレインウェアの商品群を紹介します。

Morethan サイクル レインジャケット

Morethan サイクル レインジャケット

出典:アマゾン

  • 【機能仕様】防風、防水、透湿、軽量、再帰反射、UVカット、素材:Trico
  • 【特徴】200g未満
  • 【特徴】前後反射材付き
  • 【特徴】YKK防水ファスナーを採用

3千円弱と比較的安価なレインウェアですが、防水、防風、透湿、紫外線カットと一通りの機能は付いています。

200gと軽量で小さくたためるので持ち運びに便利です。

生地が薄くて着心地は問題ないので、快適に走行できます。

YORKEN [Amazon限定ブランド] レインウェア

YORKEN [Amazon限定ブランド] レインウェア

出典:アマゾン

  • 雨天時のライドに、携帯に便利な超軽量レインジャケット
  • 耐水圧8000mmH2O、透湿度5000g/m2/24h
  • 150gの未満の超軽量設計
  • サイドポケットを裏返し、折り畳んで簡単収納
  • 柔らかな素材と高い伸縮性で動きやすい

4千円弱と安めのレインウェアですが、しっかりした防水と、透湿で雨の日に問題なく走行できます。

柔らかくて軽い素材なので動きやすいのと、薄手でコンパクトにまとまるので、遠出をする際の携帯も問題ありません。

安くて薄いのにしっかり防水してくれる、ありがたいレインウェアです。

(カペルミュール)KAPELMUUR クリアレインジャケット

(カペルミュール)KAPELMUUR クリアレインジャケット

出典:アマゾン

  • メイン素材: ポリエステル
  • 素材構成: 50% ポリエステル, 50% ポリウレタン

ウエアの色が見える半透明で少し高級感のあるレインウェアです。

値段は8千円前後なので安めですが、着心地が良く、雨をしっかり防いでくれます。

通気性はあまり良くないので、汗で濡れてしまうこともあります。

しっかりフィットし、走行中にバタつきはないので抵抗になることもないです。

[パールイズミ] レーシング レインジャケット

[パールイズミ] レーシング レインジャケット

出典:アマゾン

  • メイン素材: ナイロン
  • 素材構成: 100% ポリエステル

5千円~1万円で買えるレインウェアで、柔らかな素材を使用しているので動きやすく、軽くてコンパクトなので携帯性にも優れています。

防水性については、普通の雨であれば問題なく雨が侵入することはありません。

蒸れによる不快感もありません。

PEARL IZUMI(パールイズミ)
¥9,504 (2021/09/25 03:07:46時点 Amazon調べ-詳細)

ゴアバイクウェア スーパーライトサイクリングジャケット

ゴアバイクウェアメンズウィンドストッパースーパーライトサイクリングジャケット

出典:アマゾン

  • GORE WINDSTOPPERソフトシェルテクノロジーにより、年間を通して着用可能、防風性、耐水性、そして通気性に優れています
  • サイクリストのための超軽量メンズバイクジャケット

サイクルウェアブランドのGORE WEARから出ているメンズバイクジャケットです。

防風性、耐水性、そして通気性に優れており、年中着られるウエアとなっています。

軽い素材で作られているので動きやすく、高いパフォーマンスを発揮できます。

まとめ

ロードバイク用レインウェアはぜひとも持っていたい1着。急な雨やロングライドを雨中走ると、とても体が冷える。

ウェアも濡れると、重量増加にもつながるのでレインウェアは必要なアイテムと思います。

ロングライドやツーリングをロードバイクで楽しみたいあなたは、ぜひレインウェアをチェックすることおすすめします!

スポンサーリンク
おすすめの記事