VIVA (ビバ) バックサポーターのレビューと口コミ

VIVA (ビバ) バックサポーターはサドルバッグなどをサポートするキャリアとなっています。

このバッグサポータだが、このところ適当なものが売っていない。もしかしたら、このVIVAのサポータが唯一の製品ではないだろうかという感じ。

ロードバイクで利用する小型軽量のサドルバッグに収納するアイテムと言えば、予備チューブ、携帯ツール、パッチセット、補給食、Co2キット位のものであり、それらを収納しても大した重量にはならない。

であれば、サポーターなど必要ないし、また小型サドルバッグであれば、大きなものや重量物を収納は不可能だ。

逆に言えば、このバックサポーターはミドルサイズ以上のサドルバッグで、その重量が2kg程度を超える辺りからかなり有用性が増す。

ピラーサイズを選ばず、ピラーを自転車からはずさず取付け・取外しが可能であるが固定にはアーレンキーが必要になる。ツール無しで取り付け、取り外しはできない。

材質はスチール製となっていて重量は300gを切っている軽量。

しかし、それ故耐荷重は5kg程となっているのでサドルバッグの内容量重量には気をつけよう。

シートピラーの適応サイズは25.4~31.8mmとなっているので、ほぼ全てのロードバイクに対応できる。

サポーターフレーム自体にベルトを通すループが4箇所ほどついているので、そちらを利用すればサドルバッグなしでも荷物やアイテムを固定することが出来る。

防水のスタッフバッグなどにアイテムを収納してロープやベルトなどで固定する方法もできるだろう。

ピラーに固定する部分はラバーで保護されているので、ピラーに傷はつきにくいようになっている。ただ、カーボンシートピラーには利用できないこと念頭に置こう。

輪行をする場合、シートピラーにサポーターを付けてチェックをしてみよう。リアエンドとサドルが下になる縦型輪行の場合、位置を出せばサポーターを取り外すことなく、鑑賞しないかもしれない。

トップチューブが下になる横型輪行であれば、サポーターは問題なく収納できるだろう。

  • シートポストに取り付けて、大きめなサドルバックを支えます。
  • ピラーサイズを選ばず、ピラーを自転車からはずさず取付け・取外しが可能。
  • ピラー適応サイズ:25.4~31.8mm
  • 耐荷重:5kg  カラー:CP
  • 参考重量:290g

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. カンパニョーロ Scirocco 35 シロッコ ホイールはカンパホイールラインナップの比較的廉…
  2. 安定のミシュランエアストップチューブ。スタンダードでいつも使いに最高のチューブ。値段も安…
  3. Carradice(キャラダイス) SQR スリム サイクリングバッグは大容量16Lを誇るビッグ…
  4. CAT EYE(キャットアイ) SL-LD135-R小さいボディながら、より丈夫で本体から外れに…
  5. SCHWALBE(シュワルベ) のロードバイク用チューブとなっている。色々あるチューブの中で…
PAGE TOP