ロードバイク【手袋・グローブ】選び方とおすすめ12選!

ロードバイクに乗る際にぜひ着用しておきたいのが専用のグローブです。

グローブの存在はバイクウェアの中でも快適性や安全性に直結するため、なるべく機能やデザインにもこだわって自分に最適なものを選ぶことが推奨されます。

しかしロードバイクグローブは種類や用途が多岐に渡るため、初心者はどれを買ったらいいのか迷ってしまうのも事実でしょう。

この記事ではロードバイクグローブに関する基礎的な知識から目的に合った選び方まで、順番に紹介していきます。

迷いがちなロードバイクグローブ選びの参考にしてみてください。

この記事に書いてあること

スポンサーリンク

ロードバイクに乗るならグローブ着用

ロードバイクはシティサイクルとは異なり、路面からの衝撃がダイレクトに体に伝わります。

その衝撃を受け止めるのがサドルとハンドルグリップになるわけですが、衝撃吸収について最初から考えられているサドルに対して操作性を重視するロードバイクのグリップには耐衝撃性が備わっていないことがあります。

グローブはグリップを変更することなくこの耐衝撃性を高めてくれるため、ロードバイクに乗る際にはほぼ必須とも言える装備となっています。

グローブのメリット

グローブのメリットは耐衝撃性だけに留まりません。

種類にもよりますがグローブがロードバイクでの走行中にもたらすメリットは非常に多いため、ここからは個別にそのメリットについて紹介していきます。

全てのメリットを兼ね備えているグローブを選ぶ必要はありませんが、自分の目的に沿った機能を持ったグローブを見つける際には以下の要素を意識しておくといいでしょう。

衝撃を吸収

ロードバイクグローブには手のひらの部分に衝撃吸収用のパッドが配置されている商品が多くあります。

このパッドの存在によって長期間のライド時の疲労度は大きく変わってくるため、長距離を走る際には衝撃吸収タイプのグローブは欠かせないと言っていいでしょう。

またパッドの材質によって衝撃吸収の度合いやハンドルの操作感が変わってくるため、単純にパッドの厚いものを選ぶのが正解とは言えません。

手の滑りをおさえる

素手でグリップを握って運転する場合、汗や突然の雨によって手を滑らせる危険があります。

手の滑りは大事故に発展する恐れが非常に強いため、滑り止め機能の充実したグローブを選んでおくと安全性を高めることができます。

ほとんどのロードバイクグローブが滑りにくい素材を使用したり滑り止め加工を施しているため、一般的なグローブと比較して小さな力だけでより強いグリップ力を確保できます。

滑りにくいことによって操作感が増すこともグローブの大きなメリットと言えるでしょう。

手を守る

ロードバイクグローブは転倒時に手を守る防護服の役割も果たします。

頭部を保護するヘルメットと並んでグローブは怪我を防ぐためには必要不可欠なアイテムです。

ロードバイクで転倒した際は咄嗟に手をついてガードすることになるため、手のひらはもっとも怪我をしやすい部位となります。

それ以外にも走行中に道路に飛び出している枝などで手を切ることがあるので、そうした怪我を防ぐためにもグローブは有効です。

長指なら日焼けしない

ロードバイクで走行していると、手の甲は常に日光に晒されることになります。

当然、夏場はひどい日焼けをしてしまうのでグローブで保護することが推奨されます。

ロードバイクグローブは指先の操作性を重視したハーフフィンガー、またはショートフィンガーと呼ばれるタイプの指ぬきグローブが主流となっています。

しかし日焼けを保護することを重視した長指タイプのフルフィンガーグローブも数多くの種類が販売されています。

グローブの種類

ここからはロードバイクグローブの種類についてより詳しく見ていきましょう。

ロードバイクグローブは大きく2つに分けることができます。

それがフルフィンガーとも呼ばれる長指タイプと、ハーフフィンガーやショートフィンガーと呼ばれる指ぬきタイプです。

どちらにも長所と短所があるため、季節や目的に応じて使い分けることが求められます。

そのため双方の特徴をよく意識してグローブ選びの参考にするようにしましょう。

オールシーズン対応のフルフィンガータイプ

フルフィンガータイプのグローブは、夏場は日焼け防止として使われ冬場は主に防寒対策のために利用されます。

薄手の長指タイプを一つ持っておくと、オールシーズンに一種類のグローブで対応することが可能です。

ただし薄手のものはクッション性が弱く、冬の走行時の寒さには耐えられない恐れもあるため夏用と冬用は分けることが望ましいのも間違いありません。

ロードバイクの初心者がまず一つ試しにグローブを買っておきたいとなった場合には、オールシーズン対応の長指タイプは重宝することでしょう。

蒸れないハーフフィンガー

ハーフフィンガーやショートフィンガーの指ぬきタイプのグローブは走行中に汗をかいても蒸れることがなく、指先の操作感が損なわれないメリットがあります。

日焼けを気にしないか他の対策が取れるのであれば、夏場であってもハーフフィンガーグローブを着用して涼しさを重視する選択肢も十分にあり得るでしょう。

ロードバイク用グローブの選び方

実際にロードバイクグローブを選ぶ際には複数のチェックポイントを意識して選ぶようにしましょう。

特に自分の目的と手のサイズについては繰り返し確認しておき、デザインや値段に惑わされないように注意しましょう。

フルフィンガータイプかハーフか

まず決めておくべきはフルフィンガータイプとハーフタイプ、どちらを選ぶかという点です。

長指タイプは操作感が若干落ちること以外は、怪我の防止の面でも日焼けや防寒の対策としても万能です。

クッション性の高いパッドが入ったものも多いため、初心者はまず長指タイプから試してみるといいでしょう。

ハーフフィンガーはファッション性も高くロードバイクの競技性とも相性よく作られているため、より本格的にロードバイクに乗るなら持っておきたいグローブになります。

グローブのサイズチェック

グローブのサイズはぴったり合ったものを選ばないと逆に安全性を落とすことにも繋がります。

基本的には試着をして選ぶのが一番ですが、ロードバイクグローブは手に馴染んでくると若干生地が伸びて大きくなることがあるため注意が必要です。

最初は少しキツめのものを選んでおいた方が馴染んだ際に丁度よくなるケースもあります。

手のひらクッション性

クッション性に関しては好みの問題も大きいため、自分の走行スタイルを考えて選ぶようにしましょう。

長時間ゆったり走るのが好きなのであればクッション性は高い方が快適になります。

スピードを重視する場合はあまりパッドが厚いと邪魔になるため、クッション性を少し犠牲にしても薄めのグローブを選んだ方がいいことになります。

グローブの材質チェック

グローブの材質には通気性のいいメッシュ素材から柔らかいニット素材まで様々なものが使われています。

更に内部のパッドの素材や着脱を容易にするための部品素材などによっても質感が変わってくるため、実際に見て触ってチェックするのがおすすめです。

基本的なものを3種類挙げると、・通気性を重視したメッシュ素材・防水防寒に優れたゴアテックス素材・高い質感と耐久性を持つ皮素材材質で選ぶなら以上の特徴を意識しておきましょう。

フルフィンガーの場合スマホ対応か

長指タイプのグローブで注意しておくべきなのがスマホ操作に対応しているかどうかです。

最近は走行中であってもルートのチェックなどのため頻繁にスマホを操作する機会があるので、指先の素材がスマホ操作を阻害しないようになっているかどうかは必ず確認しておきましょう。

冬用グローブとは分けよう

グローブ選びの理想としては、少なくとも通常用と冬用で2種類のグローブは使い分けるようにした方が無難です。

長指のフルフィンガーグローブであっても、やはり春夏用の薄手のものと冬の防寒重視の製品では性能に大きな差があります。

冬の走行時に手が冷えて感覚がなくなってしまうと大事故に発展するため、安全を考えても冬用のグローブは別に用意しておいた方がいいでしょう。

ロードバイクグローブおすすめ12選!

ロードバイク用グローブのおすすめを見ていきましょう。これまでのグローブ選びのポイントやチェックすることを踏まえ、古フィンガータイプとハーフフィンガータイプのそれぞれを選別してみました。

ハーフフィンガーグローブ

まずはグローブとして付けやすい、そしてロードバイクのグローブらしいハーフフィンガーである指切り型グローブを見ていきましょう。

OZERO ロードバイクグローブ 夏 鹿革

OZERO ロードバイクグローブ 夏 鹿革

出典:アマゾン

  • 掌は特殊な処理を経た柔らかい鹿革から作られています
  • 掌の鹿革の上にシリコンゴム素材の滑り止め

CXWXC サイクルグローブ 夏用 指切り

CXWXC サイクルグローブ 夏用 指切り

出典:アマゾン

  • ナイロン75%, ポリウレタン20%, スパンデックス5%
  • 衝撃吸収性の高いゲルパッド
  • 更に快適を追求し、メッシュ素材を採用

F-TUBAME® サイクリンググローブ 夏

F-TUBAMER サイクリンググローブ 夏

出典:アマゾン

  • ビスコース・レーヨンライクラ、マイクロファイバー、SBRシリコンパット
  • 手のひらには5mm厚手の耐震3次元衝撃吸収SBRシリコンパッド
  • 手の甲には高弾性があるビスコース・レーヨンライクカ生地を採用

AKASO サイクルグローブ サイクリンググローブ 夏用

AKASO サイクルグローブ サイクリンググローブ 夏用

出典:アマゾン

  • 手のひらに5mm厚さのSBRシリコンパッド
  • 手の甲部分は高弾性があるライカ繊維生地を採用

Souke Sportsサイクルグローブ メンズ 3Dパッド付

Souke Sportsサイクルグローブ メンズ 3Dパッド付

出典:アマゾン

  • Souke Sportsサイクルグローブは手甲にメッシュ素材を採用
  • 手の平側に5mm(0.2in)パッドを装着するバイクグローブはクッション性を高め

【 衝撃吸収GEL/春夏対応 】 サイクリンググローブ

【 衝撃吸収GEL/春夏対応 】 サイクリンググローブ

出典:アマゾン

  • 素材構成: 100% ポリエステル
  • 高い伸縮性と肌触りの良いスパンデックス糸を採用
  • 振動を和らげる約5mmほどの肉厚ゲルを手のひらに装備

[パールイズミ] アンバウンド グローブ 229 メンズ

[パールイズミ] アンバウンド グローブ 229 メンズ

出典:アマゾン

  • 84% ポリエステル, 16% ポリウレタン
  • 2層構造パッドが様々な種類の衝撃を吸収
PEARL IZUMI(パールイズミ)
¥3,842 (2021/09/24 23:40:25時点 Amazon調べ-詳細)

フルフィンガーグローブ

最後にフルフィンガーグローブのおすすめを見ていきましょう。すべての指を先端までおおっているフルフィンガーは安心感抜群。また指がいわゆるサイクリスト日焼けをしないので、女性の方にもぜひともおすすめをしたいグローブです。

ウェルクルズ(Wellcls) サイクルグローブ

ウェルクルズ(Wellcls) サイクルグローブ

出典:アマゾン

  • ウェルクルズの肉厚パッド入り自転車グローブ
  • (手のひら部)ポリエステル・ポリウレタン
  • (手の甲部)ナイロン・スパンデックス

ROCKBROS(ロックブロス)サイクルグローブ

ROCKBROS(ロックブロス)サイクルグローブ

出典:アマゾン

  • ライクラ+メッシュ生地
  • 手の甲には、ストレッチ性に優れ柔らかく肌触りの良いメッシュ素材を採用
  • 手の平部分には衝撃を吸収するパッド付き

【 衝撃吸収GEL 】 サイクリンググローブ UVカット

【 衝撃吸収GEL 】 サイクリンググローブ UVカット

出典:アマゾン

  • 100% ポリエステル
  • 高い伸縮性と肌触りの良いスパンデックス糸
  • 振動を和らげる約5mmほどの肉厚ゲルを手のひらに装備

Santic サイクルグローブ 自転車グローブ

Santic サイクルグローブ 自転車グローブ

出典:アマゾン

  • 60%ポリエステル、30%スパンデックス、10%ナイロン
  • 手のひらと指により多くの呼吸穴、速い換気と冷却。トラの口の厚いパッド

F-TUBAME 手袋 防寒 グローブ サイクルグローブ

F-TUBAMER 手袋 防寒 グローブ サイクルグローブ

出典:アマゾン

  • 手のひらには5mm厚手の耐震シリコンパッドを採用
  • 裏地は防風裏起毛加工が施されています
  • 親指、人差し指の先にタッチパネル対応の導電性繊維の特殊素材を採用

まとめ

ロードバイクのグローブを選ぶ際にはまず、指先まで保護する長指タイプか操作性と快適さを重視したハーフタイプのどちらを選ぶのかを判断しましょう。

日焼け避けや防寒対策など長指タイプでなければ完全に対応できない機能は多いので、初心者が機能重視で選ぶ場合には長指タイプが基本的にはおすすめです。

しかしロードバイクグローブの主流はハーフフィンガータイプであり、ロードバイクに乗り続けていると自然とハーフタイプのグローブが欲しくなる可能性は非常に高いと言えるでしょう。

そのため機能重視とファッション重視で最初から2種類選んでおくのもおすすめです。

スポンサーリンク
おすすめの記事