ロードバイク用ウィンドブレーカーの選び方・おすすめ5選

ロードバイクに乗るときに必需品となるのがウインドブレーカーです。防寒着としてオールシーズン活躍するので、1着はもっていたいものです。

ウインドブレーカーは冬の耐寒用としてはもちろん、防風性、雨よけ耐水効果など、いろいろな目的で使用されています。

夜間には、防犯対策や安全性の面からもよいので、ロードバイク運転時には使用がおすすめです。

そこで今回は、ウインドブレーカーの選び方とおとつめの商品をご紹介していきます。

スポンサーリンク

ロードバイク用ウィンドブレーカーの選び方

ロードバイク用のウィンドブレーカーは、通常のスポーツ用ウィンドブレーカーとはちょっと違った側面があります。

他のスポーツでウィンドブレーカーはプレー以外の時に着用をして、体温低下などを防ぐことが多いでしょう。野球やサッカーなど屋外スポーツでウィンドブレーカーを着用しながらプレーをするのは少なく、ゴルフくらいでしょうか。

それに対して、ロードバイクはウィンドブレーカーを着用して走ります。普通に走ります。秋冬などは走り始めから、終始ウィンドブレーカーを着用してロードバイクに乗っていることもあるでしょう。

そのくらいロードバイクの場合ライドに適したウィンドブレーカーの選択が大切と思います。

ライド中にバタつかない

一つ目は、バタつかないということです。走行中にウインドブレーカーがバタつくと、とても走りにくいです。

風で大きく体を揺さぶられてわるければハンドルを取られることもあります。そして抵抗が生じるので走行スピードも落ちてしまします。

できるだけ体にフィットしたものを選ぶと風が内部に入らなくなります。

コンパクトだと良い

ウインドブレーカーを着たまま走行していると、暑くなってきて脱ぎたくなることがあります。

そういった時に脱いでコンパクトにたためるものがおすすめです。

移動中はバックに入れて持ち運びが可能なので、外出にもとても便利です。

重ね着を考慮する

温度調整ができるように、重ね着ができるものだとちょうど良いです。インナーに着るものを考えて選ぶといいですね。

あまりピッタリのサイズを選ぶとインナーが着れなくなるので、サイズなども考慮しておきましょう。

デザインなどが気になる方は、一度試着をしてお色など、全体的なバランスを見てみるといいですね。

バックポケットがあると便利

そして意外とあると便利なのがバックポケットです。

走行中に必要なタオルやハンカチなどを入れることもできます。

バックポケットがあると、休憩中も手ぶらで移動が可能になるので、とても便利です。

ポケットの位置によっては、走行しにくいものや運転に中に落としてしまうようなこともあるのですが、バックポケットならそういった心配がいりません。

ファスナーが付いていれば落下や紛失もありません。

ウィンドブレーカーは目立つ色も良い

皆さんはウインドブレーカーのお色はどういったお色をお選びになりますか?派手な色は普段着ないのでちょっと、、、という方も多いのではないかと思います。

ですが、ロードバイク用のウインドブレーカーは目立つ色をお選びになるといろいろメリットがあります。

何よりも良いのは事故防止につながるということです。

また夜光加工など反射素材が使われたものも本当におすすめ。

ヘルメットや自転車にそういったものをお選びになっている方も、ウインドブレーカーが面積も大きいこともあり最も目立ちます。

防水性があると突然の雨も安心

ウィンドブレーカーも防水性があるものは、急に雨が降ってきても安心です。

特に長距離乗られる方は、1日のなかで天気が変わることが多いので、防水タイプのウインドブレーカーならとても安心です。

またアクティブ派の方は、渓流地などをお乗りになる場合でも、水しぶきなどがかかっても濡れません。

ウィンドブレーカーおすすめ5選

ロードバイク用ウィンドブレーカーはいろいろな側面があるので、やはりここはロードバイク専用のウィンドブレーカーから選ぶことをおすすめしたいと思います。

【サンティック】Santic メンズ ウィンドブレーカー

【サンティック】Santic メンズ ウィンドブレーカー

出典:アマゾン

【サンティック】Santic メンズ ウィンドブレーカーは3D立体縫製の仕様なのでとても機能的です。

軽量でコンパクトにたためるのもポイントです。

両腕と背中にポケットつきなので、収納性も抜群です。

ゆったりしたデザインなので、ピッタリフットタイプのウインドブレーカーが苦手な方にもおすすめです。

柔らかい素材で着心地もよいと評判です。

Morethan プレミアム ウインドブレーカー

Morethan プレミアム ウインドブレーカー

出典:アマゾン

Morethan プレミアム ウインドブレーカーは3D立体縫製となっています。

目立つオレンジの色合いは性別問わず人気です。その他にブラックも選べます。背部に反射材付きで、夜間走行時の安全性も高まります。

Sから3XLまでサイズも豊富なのでどのような方にもぴったりの1着が見つかります。

Morethan サイクル ジャケット ウインドブレーカー

Morethan サイクル ジャケット ウインドブレーカー

出典:アマゾン

Morethan サイクル ジャケット ウインドブレーカーは色もサイズも豊富な大人気のウインドブレーカーです。

S、M、L、XL、2XL、3XL ブラック、ホワイト、グリーン、ブルー、イエローとなっています。

ご家族や夫婦でペアでお選びになるととても素敵なペアウインドブレーカーのサイクリングが実現しそうです。

ベスト商品として若い方にも人気のスポーティーなデザインでスッキリとした見た目がアウトドア派の方から支持される理由です。

お値段もお手頃なので色違いで何枚か購入して気分によって着まわすのもステキです。

[パールイズミ] ウィンドブレーク 冬用サイクルウェア 3600-BL

[パールイズミ] ウィンドブレーク スウィッシュ ジャケット 5℃ 保温 防風透湿 冬用サイクルウェア 3600-BL メンズ

出典:アマゾン

[パールイズミ] ウィンドブレーク 冬用サイクルウェア 3600-BLは超低温状態での着用を想定した冬用のウィンドブレーカー。

想定温度は5度と関東あたりであれば、ほぼウィンターシーズンをカバーできます。

パールイズミっぽい、ちょっとシックなウィンドブレーカーで他の方と被らないのもいいかもしれません。ちょっと値段が高いのがネックです。

[パールイズミ] ウィンドブレーカー 2386

[パールイズミ] ウィンドブレーカー 2386

出典:アマゾン

定番[パールイズミ] ウィンドブレーカー 2386は少しタイト目なウィンドブレーカー。

バタつきを嫌うのであれば、良いかもしれません。ただ、レビューにもあるように全体的に細身に作られているようで、重ね着を考慮するならワンサイズ大きめがよいかもしれません。

いずれにしてもパールイズミの製品はちょっと高いのがネックですね。ノーブランドの2-3倍の価格が手を出しにくいです。

PEARL IZUMI(パールイズミ)
¥8,716 (2020/11/24 12:27:07時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

ロードバイクにウィンドブレーカーは絶対必需品。8月などの真夏のライドなら不必要かもしれませんが、春先、秋冬では必ず持つ必要があります。

また初夏でも梅雨の時期がかかるのであれば、簡易レインWiエアとしてのその場をしのげ、また体の体温低下も防ぐことができます。

ウィンドブレーカーを選ぶうえでサイズ感はかなり難しいのも事実。ジャージの上から着るのか、重ね着をするのかによっても変わってきます。

ネット通販は手軽で安いのがいいのですが、お気に入りの一着を見つけたいのであれば、やはり実際にお店へ出向き試着することは大切と思います。

ぜひ着心地のいいロードバイクのウィンドブレーカーを見つけてみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事