トップチューブバッグの選び方とおすすめ5選

トップチューブバッグはロードバイクのスマホ、グッズやアイテムを収納するには最高のバッグと言えるでしょう。

ロードバイクやクロスバイクを楽しむ際に意外と気になるのが荷物・アイテム・グッズ・ツール・補給食・スマホなどの収納です。

フロントバッグなどをつけるとハンドル・ステアリングの操作性が損なわれるだけでなく、ロードバイクとしてのせっかくの見栄えも半減します。

かといって荷物を全てバックパックに入れて背負っているのも疲れるものです。サドルバッグもいいけど、河川のサイクリングコースを半日走るのに大きなバッグは付けたくない・・・

そんな時におすすめなのが、簡単に装着できて様々な小物が収納できるトップチューブバッグ。

ハンドルの手前の位置に固定するタイプが主流なので、スマホや補給食などをすぐに取り出せるのがメリットです。

この記事では、トップチューブバッグの基本や選び方、おすすめの商品を一通り解説しています。

ちょっとしたサイクリングや遠乗りにも便利なトップチューブバッグに興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

トップチューブバッグとは

「トップチューブバッグ」とは、トップチューブ(ハンドルとサドルの間にあるパイプの部分)に装着する比較的コンパクトなタイプのバッグのこと。

ロードバイクやクロスバイク用のバッグには、股下のフレーム部分(三角形のフレームの内側)に装着する「フレームバッグ」やサドルの後方にセットする「サドルバッグ」など、様々な種類がありますが、トップチューブバッグもその一つです。

トップチューブバッグなら、走行中でも、ちょっと足を止めてすぐにバッグの中身を取り出せるので、補給食やスマホなどを入れておくのに非常に便利です。

スマホをナビ代わりに使用したい場合には、スマホをバッグに入れたままで操作できる専用タイプのトップチューブバッグもあります。

トップチューブバッグには何を入れる?

トップチューブバッグには、スマホや小銭入れ、パンク修理キットやワイヤーキー、モバイルバッテリーなどを入れて使用します。

バッグそれぞれにおいてバッグ容量は大きく違ってきますが、トップチューブバッグはコンパクトなものが多いため、あまりたくさん荷物を詰め込むことはできません。容量も多くてせいぜい1Lあるかないかくらいです。

頻繁に取り出すような荷物だけ入れておくのがトップチューブバッグの基本といえるでしょう。

比較的大きな荷物を収納したい場合には、サドルバッグなど、サドルの後方に装着するタイプのバッグが最適です。

トップチューブバッグにはスマホを入れると便利

ほとんどの方は、主にスマホを収納する目的でトップチューブバッグを使用しています。

コンパクトなトップチューブバッグの場合は、スマホと小銭入れ、ワイヤーキーなどを入れると一杯になってしまうでしょう。

あくまでも、必要最低限の小物だけ収納するのがトップチューブバッグの便利な使い方です。

ちなみに、トップチューブバッグは非常に便利ですが、自転車を離れる際には、必ずスマホや財布といった貴重品を置きっぱなしにしないよう、くれぐれもご注意ください。

自転車にカギをかけるのが習慣になっている方は多いはずですが、ちょっとコンビニなどに立ち寄った際に、財布だけ持って大事なスマホを入れたままにしてしまう…といったことはありがちです。

自転車を離れる時は、必ずトップチューブバッグから貴重品を全て持ち出して移動するという習慣をつけておくのがおすすめです。

トップチューブバッグは膝にあたる?

長財布など少し大きめな荷物が入るトップチューブバッグもありますが、容量が大きめなタイプのデメリットは、バッグの一部が膝にあたる…走行時の安定性に欠ける…といった点です。

そのため、膝にあたらない薄い形状のコンパクトなトップチューブバッグがおすすめですが、スマホをナビとして使用できるタイプの場合は、横幅が広い傾向にあります。

人によっては膝にバッグがあたることもあるでしょう。

トップチューブというのは基本的に円形断面をしています。その上にバッグを置くわけなので、当然どちらかに傾きます。それを固定するのがコラム部へのストラップなのですが、これだけでは横方向の傾き固定をするのは心もとありません。

なので、トップチューブバッグはできればあまり重いものを入れないようにすると傾きも抑えられるでしょう。でもやはりスマホを入れたいので、多少のトップチューブバッグの傾きは仕方ないとあきらめることになるかも・・・

スマホをナビとして使用したい…というだけなら、スマホをハンドル部分に固定できる専用アクセサリーがおすすめです。

フレーム形状にあったバッグを選ぶ

トップチューブバッグを比較検討する際の基本は、フレームの形状にあったバッグを選ぶことです。

バッグのタイプによって、フレームのどの部分にどのように固定するかという装着方法が変わってきます。

フレームに合わないバッグを選ぶと、しっかりと固定できない…走行中にズレてくる…といったことになるので注意しましょう。

いわゆるママチャリ(シティサイクル)の中には、トップチューブがないタイプの車体もありますが、トップチューブさえあれば、極端にフレームが太いバイクでない限り、ほとんどのトップチューブバッグが装着できます。

ただし、デザイン性の高いフレームのバイクに乗っている方は、購入前にバッグを固定するベルトの位置や長さもしっかりとチェックしておきましょう。

トップチューブバッグおすすめ5選

トップチューブバッグの基本を押さえたところで、実際に人気が高いトップチューブバッグを5種類ご紹介します。

基本的にはコンパクトタイプとスマホナビを使用する(幅広大容量)タイプの2種類がありますが、商品毎の特徴も併せてチェックしていきましょう。

おすすめ商品は以下の5つです。

トピーク トップローダー

トピーク トップローダー

出典:アマゾン

「トピーク トップローダー」は、ロードバイクやマウンテンバイクのアクセサリーに定評のある「TOPEAK(トピーク)」というブランドのトップチューブバッグ。

サイズは「前後23.5×高12×横幅7(cm)」でコンパクトなのが特徴です。

横幅が7cmと薄いタイプなので、ハンドル近くまたはサドル近く、どちらに装着しても脚部にあたることはないでしょう。

上部のチャックは簡易防水仕様。

レインカバーも付属しているので、少々の雨でも使用可能です。

調整可能な面ファスナー(マジックテープ)による2点固定タイプなので、トップチューブがあるバイクなら問題なく装着できるでしょう。

黒を貴重とした上質な雰囲気のデザインも魅力的なトップチューブバッグです。

  • サイズ:L235×W70×H120mm
  • 材質:ポリエチレン/ナイロン
  • 容量:0.75L
  • 重さ:169g
  • レインカバー付属
トピーク(TOPEAK)
¥4,143 (2020/11/24 16:07:15時点 Amazon調べ-詳細)

ロックブロストップチューブバッグ

ロックブロストップチューブバッグ

出典:アマゾン

  • 大容量:ちょっとした貴重品、パンク修理キット、ミニボンベ、補給食などの荷物を収納可能
  • 安定性:ベルクロで3か所にしっかり固定します
  • 軽量:約98g
  • 反射付き:夜間の視認性

「ロックブロストップチューブバッグ」も上記の商品とほぼ同じサイズ感のコンパクトなトップチューブバッグ。

「ROCKBROS(ロックブロス)」というメーカーの商品です。

サイズは「22×10×5.5(cm)」、重さは「98g」となっています。

非常にコンパクトかつ軽量なので、走行の邪魔にならないのがメリットですが、大きめなスマホの場合は収納できない可能性があるので注意しましょう。

面ファスナーで3点固定するタイプですが、ベルトにも長さの余裕があるので、ほとんどのバイクに装着できるはずです。

黒がベースでサイドにはROCKBROSのロゴが白抜きされているデザインがスタイリッシュ。

サイドネットもあるので、マスクや収納しきれない小物をちょっと収めておくのも便利です。

ロックブロストップチューブバッグ 大容量

ロックブロストップチューブバッグ 大容量

出典:アマゾン

  • 20.8 x 13.2 x 11.2 cm
  • 1.7L
  • 230 g

「ロックブロストップチューブバッグ 大容量」は、iPhoneすべてのモデルはもちろん、6.5インチ以上の大きめなスマホを収納してナビ代わりに使用できるタイプのトップチューブバッグ。

こちらも「ROCKBROS」製の商品です。

大きめのスマホ収納部は横にも上に持開き使い勝手抜群。これだけ大きいスマホが入るので、収納性は抜群。

そのため、人によっては膝の内側にバッグの一部があたる可能性があります。

その分、収納は大容量なので、スマホの他にグローブやサングラス、工具類など様々な小物を持ち運べます。

3点固定タイプで、ベルト部分に余裕があるので、重すぎる荷物などを入れない限りしっかり固定できるでしょう。

黒がメインとなる落ち着いた雰囲気のデザインなので、あらゆるカラーの車体にマッチするはずです。

Singertop自転車トップチューブバッグ

Singertop自転車トップチューブバッグ

出典:アマゾン

「Singertop自転車トップチューブバッグ」も上記の商品とほぼ同じ、6.0インチまでのスマホをナビとして使用できるタイプのトップチューブバッグ。

「Singertop」というメーカーの商品です。

スマホの画面にあたる部分は、0.03mmの高感度フィルムを採用しているので、バッグにスマホを収納したまま操作できます。

バッグ全体に撥水素材を使用し、防塵カバーも付属しているので、小雨や砂ボコリ程度ならしのげるでしょう。

3点固定のベルトには余裕がありますが、ハンドルの根本が太いタイプ(直径5cm以上)の場合には、前方のベルトが固定できないなのでご注意ください。

黒地に白くプリントされたグラフィカルなデザインは、比較的若い方向けという印象があります。

GORIX ゴリックス トップチューブバッグ (B14)

GORIX ゴリックス トップチューブバッグ 自転車 バッグ フレームバッグ ロード (B14)

出典:アマゾン

  • 【サイズ約:7cmx5cmx14cm】
  • 【材質:210Dナイロン, ポリエステル】
  • 【ポケットの数:2】
  • 【重量:70g】

「B08BLRLL7C」は、コンパクトタイプのトップチューブバッグ。

「GORIX(ゴリックス)」というメーカーの人気商品です。

サイズは「7cmx5cmx14cm」で、重さは何と「70g」。

しかも、4点固定でしっかりと装着できるのが特徴です。

スマホと小銭入れが入れば十分という方…スマホをナビとして使用しない方…膝にあたるのは避けたい方などには、このトップチューブバッグがおすすめです。

汎用性の高い黒がメインとなるトップチューブバッグですが、この商品はブラックとレッドの2色展開で非常にスタイリッシュ。

ペアで使いたい場合にも最適なトップチューブバッグといえるでしょう。

まとめ

トップチューブバッグのメリットは必要最低限のものをコンパクトに収納して、すぐに取り出せる点です。

中には、スマホをナビとして使用できる大容量タイプの商品もありますが、このタイプは膝にあたる…走行時の安定性を損なう…といったデメリットもあるので注意して選びましょう。

さらに、防水性の高さや固定ベルトの仕様、デザイン性などもトップチューブバッグを選ぶ際の重要ポイントといえます。

今回ご紹介したような情報も参考にしながら、ご自分の用途に合ったしっかりと固定できるお気に入りのトップチューブバッグを見つけてもらえると幸いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事