TOPEAK(トピーク) フラッシュスタンド スリム

基本的にロードバイクにはサイドスタンドがない。これははじめてロードバイクを乗る方にはびっくりするかもしれない。

そう、通常ロードバイクにはペダルもついてなければ、スタンドも無い。

コンビニ行くのも苦労するわけだ。

そして、ロードバイクもカーボン製のフレームとなれば、そもそもフレームにサイドスタンドを取り付けることも不可能に近いだろう。

さて、そんな不便なロードバイクだが、室内で簡単にスタンドがあるように自立させたい場合や、観光にロードバイクを使う場合など、ちょっと立てておきたい場面があるだろう。

そんな時にマジ重宝をするのが、このTOPEAK(トピーク) フラッシュスタンド スリムだ。なんとロードバイク向けポータブルスタンドとなっている。

ハンディサイズのその大きさは手のひらにのる。重量も138gとポケットに入れておいても気にならないだろう。

扱いは簡単。足を開いて組み立てる。そのまま開いているボディにクランクを差し込めばロードバイクが自立する。

バイクの車重がスタンドにかかれば、かなり安定する。室内にバイクを保管する場合でも重宝するだろう。

ユーザーレビューを見てみると、シマノ製や通常のクランクであれば、だいたい大丈夫のようだろう。

ロードバイクに乗って街乗り、ツーリング、ポタリングが多いあなたはぜひチェックしてみては?

  • 英語名:FlashStand(TM) Slim
  • アルミ合金/ポリマーボディ
  • クランクアーム先端から80mmまでが幅35mm×厚さ15mm以下に対応
  • キャリングバッグ付属
  • 使用時:L145×W150×H110mm
  • 折畳みサイズ:L145×W40×H22mm
  • 最大荷重:15kg
  • 138g

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 先日、オレのバイクのコンポーネントを入れ替えした。いままでアルテグラ6700系だったものを680…
  2. シマノのSPD-SLクリートは基本的に歩くようには作られていません。しかしサイクリングとなると話…
  3. キャットアイ セーフティライト は数少ないリフレクター付のフラッシュライトです。本体の大き…
  4. キャットアイ ヘッドライト はクラス最強の約1600ルーメンを実現したハイパワーライトです。町…
  5. キャットアイ「VOLT800」はその名の通り約800ルーメンの明るさを放つ、小型軽量のハイパワー…
PAGE TOP