コンチネンタル ウルトラスポーツ2タイヤとチューブ2本セット【定番オススメタイヤ】


Continental(コンチネンタル) UltraSport2 ウルトラスポーツ2はコンチの廉価版タイヤラインナップ。

ロングライド、ブルベ業界では同メーカーのコンチネンタルGP4000シリーズがデファクトスタンダードとなっているくらい装着率が高い。

ただ、GP4000のデメリットはその価格の高さ。マジで高い。国内の販売価格だとパナレーサーグラベルキングの1.5倍位の値段がする。

この値段であればグラベルキングを使ってしまうだろう。

しかし、このウルトラスポーツ2であれば、非常に導入をしやすい価格帯だ。

以前のウルトラスポーツのデメリットだったワイヤービードからケブラービードに変わったことは非常に評価できるであろう。

ワイヤービードからケブラーになったことにより折りたたむことができるフォールディングタイヤになり携行性もあがるわけ。

そして、700x23cだけでなく、25c、28cも国内で販売されるようになってきたことがロードバイクからクロスバイクまで幅広く対応できるだろう。

廉価なクロスバイクで700×28cの重たいタイヤをこのウルトラスポーツに変更するだけで、相当な重量軽減になること間違い無し。

普通の安い28Cタイヤは平気で500-600g程度ある。これが半分になるのだから前後で約0.5kgの軽量化実現。それもこの価格だ。

コンチネンタルのチューブ込みで5,000円程度で入るのであれば、本当におすすめできる。

普段使いからロングライドまで幅広く対応できるであろう。


  • タイヤ2本とチューブ2本のセット
  • 700 x 23C・25C 仏式40mm・60mm(700×20-25C対応)
  • クリンチャー/フォールディング(折りたたみ可)

ちなみに海外通販のWIGGLEであればコンチウルトラスポーツ2の28Cが1,500円程度で購入できるのも付け加えておこう。

ただ、こちらのウルトラスポーツはワイヤービードなのでフォールディング出来ないこと気をつけよう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. キャットアイ(CAT EYE) ISC-12はBluetooth SMARTを搭載したサイコンC…
  2. シマノ ペダル SPD-SL PD-R550Lは同社ペダルラインナップ中、樹脂製ボディ採用の軽量…
  3. たくさんの輪行袋がメーカーから出ているが、輪行は、他の乗客から見れば、少々迷惑と思う。自転車に乗…
  4. ロードバイクを乗り始めると、揃えなければいけないアイテムがたくさんあります。その中でもタイヤチュ…
  5. キャットアイ人気のサイクロコンピュータV3シリーズが進化して再登場!新型2.4GHzのデジタルワ…
PAGE TOP