サーファス FP-200 フロアポンプ 空気入れ 仏式/米式/英式バルブ対応 ゲージ付

サーファス FP-200 フロアポンプは驚くほど軽いポンピングでロードバイクの高圧エアを入れることができます。

アマゾン的には日本で一番売れているフロアポンプとの説明があり、その性能はお墨付きだ。

高性能の大型メーター装置が手元に設置されていて見やすさ抜群。

さらにシンプルバルブで切替なしに仏式と米式バルブに対応しているので、自分のロードバイクはもちろん、ママチャリにも瞬時に対応。

うれしいことにハンドルやシリンダーパッキン、ヘッドのOリングなどの補修パーツも交換可能なので、お気に入りのフロアポンプが長く使うことができる。

一番のおすすめ点は、けっこう重要なポイント・・・足でポンプを固定するベース部分が金属で大きめにできているので、重心位置が低く、安定してポンピングできる。

フロアポンプに迷ったら、ぜひこのサーファスを検討してみてください。

  • 驚くほど軽いポンピング!!
  • 参考重量:1.6kg
  • 高さ:670mm
  • 最大11気圧/160PSI
  • 高性能の大型メーター装置。
  • シンプルバルブで切替なしに仏式と米式バルブに対応。
  • 英式バルブ用アダプター付。
  • ソフトな握り心地のデュアルデンシティのグリップ。
  • ボールなどにも空気を入れられるアタッチメント付。
  • 本体内部のシリンダーを先に置いたディスプレイの文字が反射するまで磨き上げる事で摩擦抵抗を極限まで低減。11気圧/160psiまで軽々とポンピングする事が可能。
  • 追加でアダプターを購入する事無しに、英式/米式/仏式3種類全てのバルブ方式に対応。さらにバルブヘッドが米式と仏式を自動的に切り替えするので、面倒な操作は不要。
  • ホースの長さは90cm。前後タイヤまで楽々バルブヘッドを持って行く事が可能。タイヤ毎にポンプを移動させる必要がありません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. ロードバイクのサドルといえば、軽く、そして薄く、固いというのが定番だ。いつもの練習や日帰りのツー…
  2. キャットアイラピッドシリーズのハイエンドモデルはとんでもない明るさと充電式バッテリーを装備してリ…
  3. ロードバイクに限らず、自転車にバックミラーを付けている人は、けっこう少ない。公道を走る、車や2輪…
  4. グランジ キャリー 輪行袋は女性の目線で考案し、使い易さを最優先、トートバッグタイプ輪行バックで…
  5. シマノ ペダル デュラエース SPD-SL PD-9000プロツアーチーム使用モデルとなっていて…
PAGE TOP