Campagnolo(カンパニョーロ) 2016 Zonda ゾンダ ホイールセット シマノ用

カンパニョーロ Zonda ゾンダ ホイールは、初めてロードバイクのホイールを考えているすべての人におすすめできます。

なんといっても、そのスタンダードな構成。リアハブがオーバーサイズのフランジ『Mega G3』になったので、スポーク長が短くなり剛性が向上しているのもポイント。

前のZONDAよりも、反応性が17%も向上しています。(カンパ発表)

ホイールというと、リムハイトが高いほうがカッコいいと思う人も多いだろう。しかし、実はトータルで見ると、このくらいのリムハイトが使いやすいことがわかる。

日常使いや、気軽なサイクリング、週末の練習では、気軽なホイールというのはとてもよい。さらに横風の影響も少ないために、総合的に見てこのくらいのリムハイトがやはり使いやすいというモノ。

さらにこのホイールはかなり乗り心地も良くなります。前述のようにスポーク長が短くなったことで強度もあります。

ゾンダは見た目&性能面、そして買いやすいプライスと、ホイール交換を考えている皆さんにオススメです。

  • 対応タイヤ:クリンチャー(WO) 23-25 x 622 (700c)
  • 対応フリーボディ:シマノ 10/11s
  • リム材質:アルミ
  • 重量(カタログ値) F:670g R:885g
  • リム高/幅 F:24/20.5mm R:30/20.5mm スポーク F:16本 R:21本G3(TM)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. ロードバイク用のタイヤで主に耐久系を目指して作られたタイヤだ。そのフィールドにおいて、ス…
  2. シマノ ホイール WH-RS010-PCBは前後セットで1万円ちょいの格安ホイール。しかし、…
  3. ロードバイク乗りも初心者のうちは、半日サイクリングとか、河原のサイクリングコース50㎞とか、がんばっ…
  4. シマノのSPD-SLクリートは基本的に歩くようには作られていません。しかしサイクリングとなると話…
  5. MICHELIN(ミシュラン) PRO4は同社のトップレンジタイヤ。レースなどハイパフォ…
PAGE TOP