Continental(コンチネンタル) GRAND PRIX 4000S2はトップパフォーマンスタイヤだ。

新開発ブラックチリコンパウンドは同社のハイパフォーマンス・タイヤに投入されている。

これまで使用されてきたカーボン粒子の約10分の1の大きさしかない"ナノカーボン粒子"を自転車用タイヤに使用したコンパウンドラバーを新たに開発。

耐久性と転がり抵抗軽減、グリップ力を高い次元で両立している。

ベクトランは液晶ポリマーにも使用されている化学繊維で、アラミド繊維よりも硬く、スチールの5倍という引っ張り強度を持っています。 

それにより耐久性も大幅アップ。

しかしレビューには4000S2は柔らかめで「もっちり」としているしなやかさもあり、特に長距離、エンデュランス系には非常に好評だ。

耐パンク性も優れていて、ロードレースから長距離系のサイクリングにも最高のタイヤ。

しかし、ネックはやはりその価格になるだろうか。この価格を飲み込めれば、現時点での最高級タイヤを手にできる。

  • Vectran ブレーカーにより、他に例を見ない耐パンク性を提供
  • 最先端のブラックチリコンパウンド
  • クリンチャー/フォールディング(折りたたみ可)
スポンサーリンク
おすすめの記事