2本セット ミシュラン プロ3レース 700×23C

ミシュラン プロ3レース。今となっては、ずいぶん前のタイヤとなってしまった。

しかし、実は残っているPRO3は非常に安い。

たしかに少し前のトップモデルタイヤだが、PRO4の後継も出てきた今となっては2世代前となる。

しかし、現行のタイヤ1本分で2本買えるようなコストパフォーマンスは悪くないのでは?

練習用やツーリング用であれば、全く問題なく、逆にこのロングセラーを続けたいということは安定、安心の証だろう。

いつものPRO3で気軽に走りに行くのはとてもいいぜ!

  • コーナリング時(傾斜角30度)のグリップが27%向上
  • 直線時のグリップが20%向上
  • 転がり抵抗も低減
  • PRO2 RACEの225gから200gへと軽量化!
  • ウエット性能・耐パンク性も向上!
  • 耐久性と軽量化を高次元で両立!
  • メーカー:Michelin
  • サイズ:700x23C
  • 重量(メーカー公表値):200g

コメント

    • POKINKIN
    • 2018年 2月 11日

    ほんまにほんま、とても共感出来る奇跡的なタイヤ(と市場)です。PRO3RACEは、「時価」がGP4000SⅡの半分、耐久性3600km(さすがのGP4000SⅡも7200kmは?) 特に楽しいのはコーナリングです。レビューで取付けのキツさが指摘されていますが、無理に引張らずリム凹部にビードを落とし込むことで解決し本来の性能を発揮出来ます。いつも気軽に最高の性能と良い景色を楽しめるのは何ものにも替え難いことです。フランスとドイツの人生観の違いは優劣が付けられないからこそ、面白さがあります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. SHIMANO(シマノ) RD-6800 GS 対応CS リアディレイラーはトータル・キャパシテ…
  2. MICHELIN(ミシュラン) DYNAMIC SPORTSは普段使いにとてもいいタイヤ…
  3. シマノ PD M 520はどちらかというとMTB競技に傾いているペダルだろう。マッドコンディ…
  4. シマノ(シマノ) PD-A530はデュアル高効率ステップインSPDと凹面安定性プラットフォームを…
  5. あなたのロードバイクにベルは付いていますか?ロードバイク乗るにあたり、ほとんどの人がベルを付けて…
PAGE TOP