2本セット コンチネンタル チューブ Race28 700×20-25C(仏式60mm)

コンチネンタル チューブ Race28は普段使いには最高のロードバイクチューブ。

サイズは700×20-25C(仏式60mm)となっている。このバルブが60㎜というのがかなりいい。普通のリムはもちろん、セミディープの35mmくらいのリムまでは余裕でカバーできる。

1本の重量は100グラムを超える為、レース等ではちょっと不利かもしれない。

しかし、ツーリングや通勤や普段使い、トレーニング目的であれば、このチューブは本当に良い選択肢になると思われます。

何しろ安い。1本1,000円以下だ。

さらに余裕の厚さがあり、パンクなどでチューブ交換をする際に手荒に扱っても丈夫という利点もあり、初心者さんにもすすめたい。

ロードバイクはパンクするとチューブは修理をするのではなく、交換が間違いない。なにしろエアは高圧だ。

なにはなくともエアポンプと同時にこのチューブを手に取ってもらいたい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. ロードバイクのサドルといえば、軽く、そして薄く、固いというのが定番だ。いつもの練習や日帰りのツー…
  2. シマノPD-A520はオンロードでの使用を前提としている片面SPDペダル。片面のみをSPDと…
  3. パナレーサー ワンタッチフロアポンプはロック不要のワンタッチヘッドを採用した誰でも使える簡単フロ…
  4. ロードバイクのワイヤー交換にワイヤーカッターは必須と考える。ワイヤーカッターでおすすめといえ…
  5. シマノ SPD-SLクリートは3種類ある。このクリートには3種類あって、赤はダイレクトで遊びがないタ…
PAGE TOP