シマノ SPD-SLクリート

シマノ SPD-SLクリートは3種類ある。このクリートには3種類あって、赤はダイレクトで遊びがないタイプ。最近出た青は、黄色と赤の中間。

3種類の分け方は赤、青、黄色と信号機になっていてわかりやすい。

赤いクリードはしっかりと固定され効率良くパワーを伝える剛性重視となっていて、一番上級者向け。

青いクリードは適度な遊び(2度)でバランスと効率を両立している。SPDからの転向、中級者向け。

一番余裕のある黄色いクリードは遊びを6度と広めにとり、初心者や、サイクリングなどライトユーザーにおススメ。

SPDよりも踏み面が大きいのでキャッチもしやすく、やはりペダリング効率はSPD-SLに軍配が上がるだろう。

初めてのSPD-SLなので、一番遊びの大きい「黄色」にするととても安心。しかし装着をすれば、SPD-SLのかっちりとしたペダリングを味わえる。

バイクによって変えるのも良いだろう。

  • クリートセット
  • M5×8mm
  • ペア



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 小型軽量、ボディがスリムで、ハンドル周りがスッキリします。バックライトは付いていませんが大き…
  2. ロードバイクに乗る場合、必ず必要なものがある。それがパンク修理にかかわるものだ。サドルバッグ…
  3. キャットアイラピッドシリーズのハイエンドモデルはとんでもない明るさと充電式バッテリーを装備してリ…
  4. キャットアイ ヘッドライト「L-EL010JIS」は400カンデラ以上という、JIS規格の前照灯…
  5. タイヤレバーというと、ロードバイクのツールの中では、かなり地味で裏方でもかなり出番の少ないツールとい…
PAGE TOP