キャットアイ セーフティライト [TL-LD155-R] OMNI-5 オムニファイブ リア用

キャットアイのオムニファイブは小型軽量。とにかくその軽さと単四電池2本で運用できる気軽さは、初めての自転車用テールライトとしていの一番におすすめできるモデル。

発光モードは3つのモードから選べますが、一番省エネで運用時間の長いのラピッドモードはかなり目立ちますから、街中ではおすすめ。

ただ、このモデルも反射板としての役目はしていないので、コレの他のリフレクターの装備がない場合は、点灯モードで運用する必要がある。

うれしいのは服やサドルバッグに取り付けることができるクリップ(C-1N)が同梱されていること。これはお得!

付属のクリップ(C-1N)を使用し、オムニ本体を自転車乗る際はサドルバック後ろやバイクジャージポケットに取り付けたり、夜間散歩やランニングの際はウェストバッグのベルトに取り付けることができる

自転車だけではなく、夜間ジョギングやウォーキングにも、ぜひ手に取ってもらいたいテールライトだ。

  • 高輝度LED/5個使用
  • ワイド配光(360度)
  • 発光モード:ラピッド、点滅、点灯
  • 発光モードメモリー機能
  • 発光時間:ラピッド/約120時間、点滅/約90時間、点灯/約60時間
  • モニター用単4電池2本付属
  • ※TL-LD155F/Rの主電源のオン、オフはスイッチボタンの長押し(約1秒~2秒)となります。点灯後の点滅パターン変更はそのままスイッチボタンを繰り返して押せば切り替わりますので使用時にはご注意ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 普通にロードバイクを乗る場合にはSPDがとてもいい。なんといっても歩きやすいからだ。SPD-…
  2. シマノPD-A520はオンロードでの使用を前提としている片面SPDペダル。片面のみをSPDと…
  3. 太陽光ソーラーでバッテリーを勝手に充電し、暗くなると微かな振動でも自動点滅してくれる便利な尾灯と…
  4. たくさんの輪行袋がメーカーから出ているが、輪行は、他の乗客から見れば、少々迷惑と思う。自転車に乗…
  5. Bikeguy トライスター リアライト 強力発光は小型軽量、さらにはその発光が強力すぎて迷惑な…
PAGE TOP