CAT EYE(キャットアイ) SL-LD135-R (NIMA2)

CAT EYE(キャットアイ) SL-LD135-R小さいボディながら、より丈夫で本体から外れにくくなっている。

どこに出も取り付け可能で、取り付けや取り外しが簡単なラバーバンドは、バッグのベルト部分やヘルメットOK。

おどろくほど軽量なミニマムボディで、電池込みの重さは約22gと取り付けていることを忘れるくらい。

赤色ボディはハーフミラー蒸着によりライト点灯時はボデーが透け、サイドからの視認性を確保しています。

メインスイッチにキャットアイ製サイコンでおなじみの「クリックテック」を採用し、押しやすさと防水性を両立しています。

この小さいレッドライトはぜひともヘルメットに取り付けることをおすすめします。

自転車に取り付けたテールライトと、こいつをヘルメットに取り付けることにより、後方からの視認性が抜群に上がります。

おすすめはテールライトを点灯、このミニライトをヘルメット上で点滅モードで運用すると、最高に目立つでしょう。

  • 点灯(約15時間)、点滅(約80時間)、ラピッド(約70時間)、パルス(約70時間)の4モード搭載
  • 付属品:ラバーバンド、リチウム電池(CR2032)x 2
  • 重量:22.5g(電池含む)
  • サイズ:31.0mm x 31.0mm x 35.5mm
  • 取り付けバンド径:φ22.0~32.0mm

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. キャットアイ ヘッドライト「L-EL010JIS」は400カンデラ以上という、JIS規格の前照灯…
  2. ロードバイクのタイヤは意外と高い。1本で1万円を超える製品も珍しくない。しかし、そのようなタ…
  3. シマノ ペダル デュラエース SPD-SL PD-9000プロツアーチーム使用モデルとなっていて…
  4. MICHELIN(ミシュラン) DYNAMIC SPORTSは普段使いにとてもいいタイヤ…
  5. キャットアイ セーフティライト 生産終了となった同社のTL-LD610の後継機種という位置づけ…
PAGE TOP