タイヤレバーというと、ロードバイクのツールの中では、かなり地味で裏方でもかなり出番の少ないツールといえるだろう。

また逆に言えば、こいつを使う場面というのはできれば遭遇をしたくないものだ。

パンクって、パンクやらかさなければ、何年も遭遇しない人もいれば、毎回のようにパンクするやつもいる。

オレみたいに、ここでパンクしてほしくないな・・・というとことで決まってパンクしたりするアンラッキーなやつもいるのだ。

パンク修理に絶対欠かせないタイヤレバー!

その形状や種類は、実はいろいろあったりする。チェックをしてみよう。

スポンサーリンク

パナレーサー タイヤレバー

シュワルベ 【正規品】タイヤレバー

エーゼット 自転車用 タイヤレバー

イーツール タイヤレバー

ゼファール タイヤレバー

タイヤレバーといっても、その形状など全く違ったものが多い。

しかし、その用途は一つ。以下に早く、そしてチューブに傷をつけずにタイヤをホイールから外すことができるか・・・ということだ。

それには、実際にレバーを使いタイヤを外してみることだ。

3本組が多いが、実際には3本いらない。2本、うまくやれば1本でも十分。

だけど、絶対に残っているレバーを捨ててはいけない。実はプラスティックというのは劣化をするのだ。劣化したタイヤレバーは作業中にいきなり折れる。

折れるだけならいい。その折れたレバーでチューブやタイヤを傷つけてしまってはヤバいわけだ。

なので、タイヤレバーは購入日をきちんと管理して、ある程度日にちがたったら交換することにしよう。

高いものではない。しかし、こいつが必要になる場面というのは、かなりシリアスな場合が多いからね。

スポンサーリンク
おすすめの記事