パンク修理時のエア入れを格段に楽できるCO2ボンベは一瞬で8bar【女子ライダーは持つといいぞ!】

何がイヤかって、パンクほどいやなものはない。

ロードバイクに乗っていて、パンクは「百害あって一利なし」という称号を与えたくなるほどだ。

心は折れるし腰は痛くなるし時間はなくなるし、まったくいいことはない。

その中でもキツイのがタイヤに空気を入れることだ。

なんといっても、バイクに積んである「携帯」エアポンプで規定圧までに入れるほど拷問はない。暑くなる時期にパンクなどしようものならこれだけでイヤになる。

そこでこれからの時期、ぜひ携帯をおすすめしたいのが、この「CO2ボンベ」だ!


ボンベ2本とレギュレーターをもっても100gない。本当に軽い。

このように普通の700Cロードバイクのタイヤにあっという間にエアを入れることができる。ホントあっという間だ。

パンク修理の時間を考えると、タイヤ外し→チューブ交換に10分。そして携帯エアポンプで規定圧に入れるのに5-10分。

この空気を入れる作業が本当に疲れる。これからまだまだは知ることを考えると適当なエア圧ではダメだ。せめて6barは入れたい。

そうなると通常のポンプで200-300回ほどポンピングの必要がある。もうこれだけで20㎞くらい走ったような疲労感をおぼえるはずだ。

そこで、このCO2ボンベだ。あっという間に規定圧にエアが入る。

これからの暑い時期はもちろん、冬の走行だってエアポンプ作業はマジ大変。

ぜひ携帯エアポンプと合わせてこのCO2ボンベを持つことおすすめするよ。

また女子ロードバイクライダーはマジで持参必須を超絶おすすめだ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. シマノPD-A600は同社のSPDペダルの中で最軽量となっている。それもそのはず、このペダルはU…
  2. たくさんの輪行袋がメーカーから出ているが、輪行は、他の乗客から見れば、少々迷惑と思う。自転車に乗…
  3. キャットアイのオムニファイブは小型軽量。とにかくその軽さと単四電池2本で運用できる気軽さは、初め…
  4. ブリヂストン アンカー(BS ANCHOR) EXTENZA R1S ロードタイヤは生粋のレーシ…
  5. キャットアイ パドローネ スマートはその大画面に各種情報を見ることができる同社のトップサイクルコ…
PAGE TOP