ロードバイク・自転車・パーツ通販|FOR BIKE

ロードバイク・自転車・アイテム・グッズを厳選紹介。ロングライドを中心に走っている管理者がその経験より自転車やグッズを紹介します。

工具・ツール

ツールボトルにはこれらを入れておこう【最初にそろえるツールボトルの中身】

投稿日:

ロードバイクに乗る場合、必ず必要なものがある。

それがパンク修理にかかわるものだ。

サドルバッグもいいが、オレ的にはツールボトルも、かなりいいと、おすすめするアイテム。

どのようなアイテムをツールボトルに入れるか、どのくらいのものがツールボトルに入るか、チェックをしてみよう。

シマノ ストレ-ジボトル

シマノツールボトル

まずはツールボトル。スタンダードなシマノツールボトルです。

容量は750mlのボトルと同サイズ。

コンチネンタルチューブ Race28 700×20-25C(仏式60mm)

2本セット コンチネンタル(Continental) チューブ Race28 700×20-25C(仏式60mm)

必ず必要なスペアチューブ。

自分のタイヤサイズ、ホイールのリムハイトにあったバルブ長をチェックしておこう。

この60㎜バルブサイズを持っておけば、大体のホイールはOKだろう。

35mm程度のリムハイトなら全く問題なし。

LEZYNE(レザイン) RAP 20TOOLS BLACK

LEZYNE(レザイン) RAP 20TOOLS BLACK


チェーン切りもついている携帯ツールだ。

今使っているチェーンを切ることができるか、事前のチェックはしておこう。

レザイン LEVER KIT パンク修理

レザイン LEVER KIT パンク修理 ゴールド

パッチなどをボディ内に収納できるパンク修理キット。

蓋がタイヤレバーになっている。

PARKTOOL(パークツール) タイヤブート TB-2C

PARKTOOL(パークツール) タイヤブート TB-2C

タイヤのサイドカットは突然やってきます。

呼びタイヤを持って走っている方は少ないでしょう。であれば、このタイヤブートは必ず持っておきましょう。

薄いので、まったく重量増にはなりません。

これが必要になる時は、かなり深刻な状況になりますが、私は過去に2回ほどこのタイヤブートのお世話になっています。

本当に持っていてよかったとおもえるアイテムです。

シマノ R55C3カートリッジタイプブレーキシュー

SHIMANO(シマノ) R55C3カートリッジタイプブレーキシューブロック [Y8FN98090] BR-7900他適応

これも持っていてよかったと思えるアイテム。

必要になる時は、かなりやばい状況。

雨のダウンヒルや長距離を走っていると、おもったよりもブレーキシューは減ります。

スタート前にブレーキチェックは必須ですが、もしものときに備えておくと命拾いします。

重くないものなので、いつもツールボトルに入れておきます。お守りだよね。

結束バンド 200mm

TMC カラー結束バンド 200mm 5色 各色アソート100本入 No.603-C20

これも重くないものなので、数本、いつもツールボトルに入れておきます。

ツールボトルの中身確認

いつもツールボトルに入れておくアイテム群です。

  • スペアチューブ×2本
  • パンク修理キット(パッチ込み)
  • 携帯ツール
  • タイヤブート
  • オイル
  • ブレーキシュー
  • 結束バンド

パンク修理キット内にパッチ類

ボディ内にパッチ類を収納できるレザインのパンク修理キット。

タイヤレバーは劣化している場合もあるので、一定期間でチェック、交換は必要です。

小物アイテムは袋に収納

タイヤブートやブレーキシューは小袋に収納をします。

他のアイテムとの接触を避け、またゴム部の劣化を防ぎます。

ツールボトルへの収納順

最初に1本目のチューブを入れます。

その両側に小物アイテム袋とパンク修理セットを入れます。

隙間に結束バンドを挿入してからチューブを入れます。

逆側の隙間に携帯ツールを入れて完了。

これらのアイテムを詰めたツールボトルの重量は500gぴったり。

手軽にフレームのボトルゲージにさしておけば、安心をいつも携帯していることになります。

ロードバイクは軽さ命ですが、パンク修理を含めたツールやアイテムを持っていくことは、絶対に必要です。

最低限のアイテムを紹介しましたが、ぜひそろえておいてください。

-工具・ツール

Copyright© ロードバイク・自転車・パーツ通販|FOR BIKE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.