ロードバイクに不必要なベルだが、道交法上必要だぞ【とにかく付けておこう】

あなたのロードバイクにベルは付いていますか?

ロードバイク乗るにあたり、ほとんどの人がベルを付けていないのではないでしょうか。

それもそのはず、このベル、走るにあたり全く使うことはないですし、無用の長物化となっているでしょう。

ロードバイクといえば、走るために本当に必要なものしか取り付けられていません。ヘッドライトにしてもテールライトにしても走ることに必要ありませんが、安全上重要です。

しかし、ベルは、その存在自体全く有名無実化です。

ブルべによく出ている私たちのバイクには、法規上はもちろん、そのレギュレーションより、すべてのバイクにベルは取り付けてあります。

そんな縁の下の力持ちにもなりきれないベルを見ていきましょう。

ベルを選ぶ時のポイント

  • 軽量
  • 取り付け場所にあった取り付け法
  • 劣化でこわれない

一番大切なのは、取り付け場所にあったものとなります。

ボルトで固定するタイプだと、その径が決まってしまいます。

通常はハンドルバー、ステム、コラムとなると思いますが、そのそれぞれの径が違います。

取り付け場所を考え、ベルを選んでいきましょう。

ベルを取り付け場所の例

ロードバイクのベルは、使うことがほとんどありません。

ハンドル操作やブレーキング、シフティングに影響ない場所を選ぶ必要があります。

取り付け例を見ていきましょう。

コラムに取り付ける:正面

ベルがワイヤー類に干渉をしなければ、この位置はかなりおすすめの取り付け場所です。

ベルを使う可能性がないので正面をむけています。

コラムに取り付ける:横

ワイヤーに干渉しそう、またベルを鳴らす可能性があるのであれば、この取り付け位置がおすすめ。

ベルの取り付け方向は、横向きがいいでしょう。

バーエンドに取り付ける

ベルを使う可能性がある場合、またコラムに取り付けるスペースがない場合、簡単に取り付けることができるのが、このバーエンド。

内側、もしくは下向きにするのもいいでしょう。

ハンドルブラケット部の下

ベルを使う可能性がある場合、またコラムに取り付けるスペースがない場合、この位置もおすすめ。

ベル方向を変えればブラケットを持ちながらベルを鳴らすことができます。

購入できるおすすめベル一覧

現在でも普通に購入できるベルをいくつかピックアップしてみました。

キャットアイ(CAT EYE) ベル [OH-2400] 真鍮製 ブラック

キャットアイ(CAT EYE) ベル [OH-2400] 真鍮製 ブラック

キャットアイお得意のフレックスタイトバンドで取り付けることができるベルです。

長さがかなりあるため、コラムでもハンドルバーでもどこにでも取り付けができます。

このベルのおすすめは、すでに同じフレックスタイトバンドでサイコン、ライトがついていれば同時装着、共締めが可能です。

その場合、サイコンが上、ベルは下向きになります。

キャットアイ(CAT EYE) ベル [OH-1200] 真鍮製 シルバー

キャットアイ(CAT EYE) ベル [OH-1200] 真鍮製 シルバー

ボルト取り付け式なので、径が決まります。どこにつけるかを確認してから購入をします。

CYCLE PRO(サイクルプロ) アルミワンタッチベル

CYCLE PRO(サイクルプロ) アルミワンタッチベル

簡単取り付けのベルト式。軽量です。

NUVO 31.8mmオーバーサイズハンドルバー用ベル ブラック

オーバーサイズハンドルバー用ベル

ウチのすべてのロードバイクに取り付けてあるベルです。

取り付けてからベル本体が自由に回りますので、任意の方向にベルをむけることができます。

このような簡易パッケージで送られてきます。アマゾンで購入。

このような長いベルトで、ハンドルバーでもコラムでも、どこにでも取り付けができます。

またベルト固定をしてからもベル本体が360度回りますので、自由度があります。


言われてから初めて気が付く、ベルの必要性ですが、その重要度は全く高くありません。

しかし、法規上決められていますので、もし、この記事で気が付きましたら、チェックされると良いでしょう。

公道を利用して行われるイベントでは、レギュレーションによりベルの装着が必須になっている場合があります。

ライトやボトルなどを忘れることはありませんが、ベルは忘れますよ。絶対。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. キャットアイ ヘッドライト は4000カンデラという光量とワイドな配光をほこるヘッドライト。…
  2. ロードバイクに乗る場合、必ず必要なものがある。それがパンク修理にかかわるものだ。サドルバッグ…
  3. グランジ キャリー 輪行袋は女性の目線で考案し、使い易さを最優先、トートバッグタイプ輪行バックで…
  4. シマノ ペダル デュラエース SPD-SL PD-9000プロツアーチーム使用モデルとなっていて…
  5. このバーテープ、実はアマゾンで一番売れているロードバイク用のバーテープだ。素材はクッション性…
PAGE TOP