ロードバイクフロントバッグは以外とアリだと思う【フロントバッグメリット・デメリット】

ロードバイクは基本的に荷物を搭載することは考慮されていない。

フロントバッグは、もしあなたのロードバイクにつけられることができれば、けっこう便利ということを全力でお伝えしたい。

ロードバイクに荷物を積む場合、真っ先に浮かぶのがサドルバッグだ。そんなサドルバッグはロードバイクの荷物積載方法としては意外とアリだと思うことお伝えしたい。

ロードバイクに荷物を積む場合

ロードバイクに荷物を積む場合、いくつかの方法が考えられる。

  • サドルバッグ
  • フロントバッグ
  • フレームバッグ
  • キャリア+専用バッグ(サイド・パニア・トランク)
  • ボトルケージ+バッグ
  • デイパックなど背負う

ロードバイクの荷重、そして重量が一番かかっているサドル。そのサドルに荷物を取り付けるのは理に適っている。

重量物を一か所にまとめ、またセンターにあるということは非常に良いことです。

しかし、走りながらでは絶対に荷物にアクセスをすることがサドルバッグはできません。

逆に目の前に荷物があるフロントバッグは、ライディング中でも積載物を取り出すことができ、これがまたかなり便利だったりします。

今回は、そんなフロントバッグを紹介します。

ロードバイクにおけるフロントバッグ

もともとロードバイクにはバッグ類を取り付ける、ということが前提となっていません。

そのため、取り付けに制約が少なく、自由度が高い、積載量もその形状により選ぶことができる、サドルバッグはとても重宝されます。

対してフロントバッグは、取り付け法により制約がかなり大きい場合があるでしょう。

それでも、取り付けることができれば、なかなか使い勝手のよいフロントバッグ。

まずは購入を検討する前にいろいろと考察をしてみましょう。

そもそも取り付け可能か?

その選択肢の多さから、大中小と製品がそろっているサドルバッグは、取り付けの自由度が高いことがあります。

サドルの形状が悪い場合、シートポストに取り付けるタイプがあります。

身長が低くてシートポストがあまり出ていない場合でも、小さいものや薄いものなど、サドルバッグが取り付けられなかった・・・ということは聞いたことがありません。

しかし、フロントバッグは、その取り付け方式、また選択肢の少なさにより、そもそも取り付けられるか?というところよりチェックする必要があります。

昔のシマノシフターの場合、シフトワイヤーがちょうどフロントバッグの位置で交差をしています。そうなると、バッグを取り付けることができないかもしれません。

当然ですがDHバーなどとの共存はかなり不可能です。

ハンドル周りのワイヤリングや取り付けてあるデバイス類によっては、取り付けが難しい場合もあるでしょう。

取り付け法:アダプタータイプ

アダプタータイプ

ハンドルバーにアダプターで取り付けるタイプです。

ハンドルバーからクリアランスができるため、ワイヤリングとの干渉を防ぐことができます。

またバッグをワンタッチで取り外しができることもメリットです。

取り付け法:ベルトタイプ

ベルトタイプ

ハンドルバーに直接ベルトで取り付けるタイプです。

シンプルな構造で、取り付けを選びません。構造が簡単なので軽量化できます。

価格が安いこともメリットです。

逆にバッグ自体も小さい場合が多く、荷物はたくさん入りません。

またベルトが緩んでくると、タイヤと接触する場合もあることが注意です。

フロントバッグ:メリット

  • 荷物のアクセスが抜群にいい
  • 目の前にあるので荷物の所在が確実(貴重品を入れるのに最適)
  • モノによりバッグの上や蓋に地図やデバイスを置ける
  • サドルバッグとの併用により荷物の分割ができる
  • 通常使わないフロント周りの有効活用

フロントバッグ:デメリット

  • フロントヘビーによるハンドリング悪化
  • フロントライトの取り付けが難しくなる
  • ハンドル周りが狭くなる
  • GPSなどハンドル周りに取り付けずらくなる
  • 握った手がバッグにあたる
  • ハンドルバー、ステム付近が握りずらくなる

フロントライト・GPS・サイコン等の共存について

フロントバッグを付けることにより、一番問題となってくることが、このフロントライト・GPS・サイコン等との共存です。

一部の製品には取り付けアダプターにデバイスやアクセサリーを取り付けるホルダーを追加できます。

フィクサー

またフロントライトを取り付けたい場合、このようなアダプターを利用してバッグ下に配置することもできました。

アダプター

フロント周りのスペースユーティリティのトレードオフとして、今まで取り付けてあったデバイス類をどこに移設するか、共存するかが一つの課題となります。

当然ですが、DHバーなどは取り付けることはできません。

フロントバッグは選択肢が非常に少ない

サドルバッグに比べ、圧倒的に選択肢がフロントバッグは少ないです。

もといろいろなフロントバッグが出てくると、良いと思うのですが、メーカーさん・・いかがでしょう。

選択肢がかなり少ないフロントバッグですが、そのいくつかをチェックしてみましょう。

現在購入が可能なフロントバッグをピックアップ

現在でも普通に購入できるフロントバッグをいくつかピックアップしてみました。

まずはアダプター取り付けタイプより。

オルトリーブ(ORTLIEB) アルティメイト6

オルトリーブ アルティメイト6



TOPEAK(トピーク) コンパクト ハンドルバー バッグ

TOPEAK(トピーク) コンパクト ハンドルバー バッグ

TOPEAK(トピーク) ツアーガイド ハンドルバー バッグ DX

TOPEAK(トピーク) ツアーガイド ハンドルバー バッグ DX

TOPEAK(トピーク) ツアーガイド ハンドルバー バッグ

TOPEAK(トピーク) ツアーガイド ハンドルバー バッグ

アダプタータイプのフロントバッグはロードバイクにぴったりです。

そのほとんどが機能的にできています。

ワンタッチで取り外しができるところも非常に使い勝手が良いでしょう。

続いて、ベルト取り付けタイプのフロントバッグです。

モンベル(mont-bell) フロントバッグ

モンベル(mont-bell) フロントバッグ リーフグリーン

OSTRICH(オーストリッチ) リベロバッグ ネイビーブルー

OSTRICH(オーストリッチ) リベロバッグ ネイビーブルー

OSTRICH(オーストリッチ) フロントバッグ F-516 ブラック

OSTRICH(オーストリッチ) フロントバッグ F-516 ブラック

ROSWHEEL フロントバッグ 約5.5L ハンドルバーバッグ

ROSWHEEL フロントバッグ 約5.5L ハンドルバーバッグ

ベルト取り付けタイプのフロントバッグは軽量、そして低価格がうりです。

手軽に取り付けができるところも特徴です。

アダプタータイプの取り付けの実際

オルトリーブ

私の持っているオルトリーブアルティメイト5はアダプタータイプのフロントバッグ。

取り付けはワイヤーを使ってハンドルに固定をします。

アルティメイト5

このように簡単にフロントバッグを取り付けることができます。

フロントバッグ実際の収納能力

私の持っているオルトリーブアルティメイト5のミドルサイズです。

収納能力はかなりあります。

収容能力

容量は7Lのサイズです。500mlペットボトルが6本並びます。

もちろんこの状態で蓋を締めることができるので、かなりの容量と思います。

また最大積載重量は3kgとなっているので、6本のペットボトルをこのまま運ぶことも可能です。


短距離、日帰りの練習や仲間との壮行会などでフロントバッグの活躍はしないでしょう。

どちらかといえば、ある程度の期間走るツーリング、長距離のブルべ、海外での走行を考えている場合、このフロントバッグは選択肢に入るでしょう。

とくに貴重品がかなりの量ある海外のツーリングとなると、大事なものが目の前にあり、すぐにバイクから取り外しができることは利便性が高いでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. パナレーサー ワンタッチフロアポンプはロック不要のワンタッチヘッドを採用した誰でも使える簡単フロ…
  2. ロードバイクのサドルといえば、軽く、そして薄く、固いというのが定番だ。いつもの練習や日帰りのツー…
  3. シマノ ホイール WH-R501は島のホイールラインナップ中、最安値のホイールだ。通勤から日…
  4. ドッペルギャンガー輪行袋 丸呑みペリカンバッグは従来の輪行袋とはちょっと違う。収納袋より取り…
  5. CC-MC100W用 スピードセンサーはCC-FR7CL/CC-CL200N/CC…
PAGE TOP