ロードバイク・自転車・パーツ通販|FOR BIKE

ロードバイク・自転車・アイテム・グッズを厳選紹介。ロングライドを中心に走っている管理者がその経験より自転車やグッズを紹介します。

バイクパーツ・アイテム

おススメSPDペダル3点【メリット・デメリット・比較】

投稿日:2015年6月22日 更新日:

基本的にロードバイクにはペダルは付属していません。

もしついていたとしても、ママチャリについているような両面フラットペダルでしょう。このようなペダルでロードバイクを乗るわけにいきません。

ロードバイクを買ったその日、もしくはあらかじめ用意をしておきましょう。

また2台目、3台目の方は既存のバイクのとの互換性、もしくは別ペダルで行くのかも考えておきましょう。

ビギナーにおススメはSPDペダル

もしあなたが初めてロードバイクに乗るのであれば、最初はSPDペダルがおすすめです。

SPDペダルとMTBシューズの組み合わせは本当に扱いやすいです。

なんといっても、ステップインのやりやすさ、そしてクリートがシューズ底面の内側に隠れるため歩きやすいことが利点となります。(ロードシューズにSPDクリートを装着する場合は別です)

この歩きやすいということは、非常にメリットが高く、バイクを降りて休むときはもちろん、輪行を使う場合などもそのメリットを感じるでしょう。

またビギナーさんであれば、峠の登りでバイクから降りて歩く場面も出てくるかもしれません。そんな時SPDペダルであれば、普通のスニーカーの様に歩くことができます。

SPDペダルはシューズに点当たりする?

ペダルによっては点当たりすることもあります。

SPDペダル

たとえばこのような片面がSPDで片面がフラットペダルになっているような製品ですと、画像からもわかるようにシューズ裏に点当たりをしてしまいます。

その構造上よりペダルSPD側がクリートを保持する面しか存在しないため、力はクリートにすべてかかってしまうでしょう。

しかし、ロードSPDペダルに適合をしたMTBシューズの組み合わせであれば問題ありません。

SPDシューズ

このようにSPDロードペダルとMTBシューズの組み合わせであれば、クリート部とペダル内側、外側の両方がシューズ底面にぴったりと密着をしています。

これであれば、クリートの点当たりは防げ、力も全体に逃げてくれます。

おススメSPDペダル第3位:シマノ PD-A600

シマノ PD-A600

片面SPDロードペダルの最高峰です。

グレードはアルテグラグレードです。剛性が高く、また軽量です。2つ合わせて286gですのでSPD-SLのアルテグラPD-6800とほぼ同じ重量です。

普通のペダルにあるペダルレンチをかけるところが無いため、取り外しは六角レンチ(8mm)のみです。

おススメSPDペダル第2位:シマノ PD-M520 両面SPD

シマノ PD-M520 両面SPD

MTB用両面ペダルの決定版。

ストップアンドゴーが多い通勤などでの利用もよいでしょう。中距離までであれば、全く問題ありません。

PD-M520 両面SPD

またこの両面ペダルはシューズの底面に対して、両側が当たりますので、点当たりをしていません。

価格も安く、また両面クリートを拾えますので、キャッチが非常に楽です。

ネックは両面SPDということで重量が少々重いことです。

おススメSPDペダル第1位:シマノ PD-A520 片面SPDペダル

シマノ PD-A520 片面SPDペダル

SPDペダルを何にしようと考えているのであれば、この「シマノ PD-A520 片面SPDペダル」で決まりです。

価格、そして重量も軽く片面SPDペダルの決定版といってもいいでしょう。

通常のツーリングから耐久レース、草レースまでほぼ何でもこなすことができます。

もちろん上位のシマノ PD-A600と同様、シューズ面にもペダル両側が当たりますので、点当たりもしません。

私は4代のロードバイクを管理していますが、3台のバイクにこのペダルを装着しています。

-バイクパーツ・アイテム

Copyright© ロードバイク・自転車・パーツ通販|FOR BIKE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.